アレックスがゲイであることを知っていたのは
おそらく私だけだったと思います。

けれども物腰のやわらかさや、洗練されたファッション、
その辺の女性よりずっと美しい顔立ちのアレックスのことを
ボスやカリムなどの、イスラムの男性たちは
「He is a girl.」
「He is weird.」
と、アレックスのいないところでよく噂にしていました。

ゲイ、とはっきり口にしているのを聞いたことはありませんでしたが
それはゲイという単語を知らないか?
もしくは知っていても口にしたくないのか・・・?

私は彼らの様子を見ていると、何となく後者の方、
「ゲイ」などという単語は口にもしたくない、という蔑むような
ツバでも吐き捨てるような感じを受けました。

またアレックスも自分が陰で噂になっていることを
何となく感じていたようで
特にボスやカリムの前では、ふるまいに用心しているのか
緊張している様子が伺えました。

まさかゲイだと知れたところで
危害を加えられることはないでしょうが
決して得にはならないことを察していたのかもしれません。

日本でも確かに、ゲイの人たちは今もマイノリティの存在で
そのことを知られないように、
ひっそり暮らしている人が多いと思います。

でももし知られたとしても、
あからさまな嫌悪の目や、
人格も否定されるような扱いを受けることは
一昔前に比べると減ってきているのではないかと思います。

しかしイスラムの、
特に男性たちのゲイに対する嫌悪感というか
それは間違っていて、あってはならないことだ、という
彼らのゲイに対する絶対的なタブー感には、強烈な印象を受けました。

「Men like a girl is no good!」
「I hate a man like a girl. It’s no good!」

とにかくゲイは「No good!」ということらしいのです。

確かに種の存続という意味からいえば
彼らの言うようにゲイを認めるのは良くないのかもしれないし
だからといってゲイを全否定するのは
ひとりの人間の尊厳を奪うことでもあります。

まあこれはどちらが正しい、正しくないということではなく
一つの物事に対する見方の違いなので
私もあえて何も言いませんでした。

というか、話をしても分かり合えそうな気がしませんでした。

でもこういうむき出しの「No good!」の声を聞けたのも
今思えば貴重な体験だったと思います。