いまリスニングを鍛えるために、久々に字幕をOFFにして
「Sex and the City」のDVDを一から見直しています。

それが自分でも期待以上に(全体の90%弱)聞き取れているので
少し驚いています。

「Sex and the City」は難しいジャンルのドラマではないですが
ここまでちゃんと聞けたのは初めてなので
リスニングパワー」の効果も多少はあるのかもしれません。
(取り組み始めて1週間経ちました)

そこで改めて感じるのは、
みんな割と短い英文で話をしてるんだなあということです。

体感的には30分間のドラマの中で5~6割は、
6、7語くらいまでのつながりの文章かなと言う感じがします。

特にキャリーはコラムニストという設定なので
気の効いた言い回しもよく出てきます。

それでも特別に長い文章というのは少なく、
長くても10語以内でほとんど用事が済んでしまいます。

ところが英語を勉強していると、どうもそれとは逆に
頭の中でしっかりと文章を組み立てたくなるものです。

でもこういうドラマの短い文章を聞いていると
もっと簡単でもいいんじゃないかという気がしてきました。

例えば会社などで
今日の午後の会議に必要な書類を貸してください
と英語で言いたいと思ったら、
頭の中でこの日本語に添った一文を英語で組み立てるよりも
まずは「資料を貸してください」と言ってみる。

すると相手は「どの資料?」と聞いてくるはずです。

そうしたら「午後の会議に使う資料です。」と答える。

この時点で最初に言いたかった、
今日の午後使う資料を貸してほしい
という希望は、すでに相手にちゃんと伝わっています。

もちろんきちんとした文章をすぐに組み立てられるなら
その方がよりベストだと思います。

でももし1回で伝えきる英文を考えるのに、時間を要するのであれば
短く分けて伝えた方が誤解も少なく、
時間的にも早く意思疎通ができるのではないかと思います。

ややこしい話は細切れで伝える。

これって外国語の会話をスムーズに進めるコツじゃないかと思うんですが
どうでしょう。