これは、英会話をコツコツと勉強している人が
ぶち当たる疑問の一つかもしれません。

でも、これに対する私の答えは明確です!

「使う機会が少なすぎるから」

です。

私がロンドンの英語学校で一番強く感じたことは
「喋らないと上達が遅い」ということでした。

あらかじめ、
なるべく日本人の少ない学校を選んで行った学校だったので
生徒の80%は外国人というクラスに入りましたが、
まあ皆、デタラメでも何でもとにかく、喋ります。
これでもか、これでもか、と話す機会を見つけて喋ります。

はっきり言って、文法的にはテキトーでした、すごく。
ただ、とにかく会話の数をこなしている彼らの方が
ある時から、スラスラっと、
こなれた会話が出来るようになっているんです。

そして約20%の我々日本人。
文法はきちんとしていますし、先生の出す問題もよく解けます。
でも相対的に会話力が弱い。
それはもう、話す量の差としか思えませんでした。

そう感じてからはもう、話す、話す、話す。
間違えてるにしても、話す、言いたいことを相手に伝える。
これだけに集中して特訓することにしました。

学校の休み時間、放課後はパブで、週末は友達と会って、
部屋ではテレビをつけっぱなしにして
とにかく話し言葉に慣れることを心がけました。

そうして英会話の実践時間を増やせば増やすほど、
英語の会話に慣れてきますし、
どんどん気持ちが落ち着いてくるようになります。

気持ちが落ち着くと、相手の会話も耳に入ってきやすくなり
結果的に、コミュニケーションが上手になってくる、
つまり英会話が出来るようになる、というわけです。

スピードラーニングを私も試してみました

あなたも恐らくCMなどで「聞き流すだけ」でいいと言われても

・本当かな?
・英会話がそんなに簡単なわけがない
・忙しい自分にもできるのかな?
・言ってることがウソだったら嫌だな

という気持ちをもたれているのではないでしょうか?

そんな方のために、私が試聴CDを聞いて感じたこと、この教材が向いている方、向いていない方についてなどの感想をまとめています。よろしかったらどうぞご覧ください。

私のスピードラーニング体験記はこちらをどうぞ >>

スピードラーニング公式ページはこちらからどうぞ >>