さて学校の方はすんなりと決まりましたが、
一番の大仕事は住居探しです。

多くの人が、留学斡旋業者を使って準備したいなと思うのは
この異国での住居探しが不安だからではないでしょうか。

私はどうしたかと言うと、決めずに行きました。

ロンドンや、日本人の多いウィンブルドンあたりならともかく
リッチモンドなどという郊外の物件では
日本からでは探しようがなかったからです。

最初はどこかのドミトリーにでも泊まって
現地についてから探すしかないと腹をきめていました。

本当のことを言えば、住居はもちろん
ロンドンについた日の宿すら、決めずに行ったのですから
若いってのはオソロシイですね(笑)。
しかもヒースローについたのは、夜9時くらいだったのです。

まだ今のように
ネットで簡単に海外のホテルが予約できない時代でもありました。
ロンドンのおホテル、なんていうのは
JTBだとか、近ツリ(近畿日本ツーリスト)まで行って
予約してもらうような時代だったのです。

こちらは予算に限りのある身ですし
住居が決まるまで、
どのくらいホテル住まいになるのかも予測不能だったので
1泊3000円が私の決めた予算でした。

JTBにそんなホテルがあるはずもなく
仕方なく、現地についてから宿泊所案内で探すことにしたのです。

ただヒースローは入国チェックが厳しいことで知られており、
宿が決まってないなんて事がバレれば
入国させてもらえない可能性もある点が、心配でした。
null

ヒースロー空港(wikipediaより引用)

そこで私はなるべくお嬢様風に見えるような格好をして
入国カードの滞在先記入欄には、
むしろロンドンの高級ホテルの名を書くという作戦を立てました。

襟にファーのついた黒いウールのコートと、
黒いタイツに赤いウールのスカート、
革のブーツにパールのピアスといういでたちで
滞在先は、ル・メリディアン・ピカデリーとしました。

入国管理官はパスポートと入国カード、私、
としばらく無言で見つめたあと、観光ですか、と訊ねてきたので
ハイそうです、と答えると
「Welcome to London」と、6ヶ月の滞在ビザをくれました。

時計を見ると、時刻はもう夜の9時になるところだったので、
ホッとする間もなく
到着ロビーのトイレでジーンズとスニーカーに着替え、
空港内の宿泊案内所で今夜の宿を予約したいというと
条件に合う宿は難なく見つかり、
大英博物館のそばにあるB&Bに落ち着きました。

null

大英博物館(wikipediaより引用)

部屋のテレビをつけたらちょうど、
メル・ギブソンの「ブレイブハート」が放映されていました。
Braveheart、勇敢なる心。
何だか、うまくやっていけそうな気がしたのをよく覚えています。

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


私の英会話教材体験記