という特集が、クーリエ・ジャポンという雑誌に載っていました。

確かにあるかも・・・というフレーズが満載で、
どれも大筋の意味としては間違っていないのが厄介です。

個人的には、こちらは非ネイティブである以上
あまり細かく気にしてもキリがないと思いますが、
改める機会があるなら、直したいものですよね。

例えばこんな表現。

どうぞお座りください


Sit down, please.
△ 着席しなさい。(命令口調に聞こえる)

Please have a seat.
○ どうぞお座りください。


これ、私の中学時代の英語の授業では、
「お座りください」は Sit down, please と習ったんですよね。
とりあえずpleaseをつければ丁寧な文章になる、ということで。

今の教科書は Please have a seat なんでしょうね、きっと。


知っています


I know that.
△ はいはい、んなこと知ってるよ、当たり前だろ。(相手にいらついているような印象)

Oh, I know.
○ 知っています。


これは私、振り返ってみると割と使っていました。
さいわい皆、理解のある人たちだったようで、ムッとされた記憶はありませんが・・・。


今何時ですか?

Do you have time?
△ 時間あります?(ナンパ・誘ってるような印象を与える)

Do you have the time?
○ 今何時ですか?


the があるかないかで全く意味が違う、ということなんですが
これは確か、セイン・カミュ氏の英語教材「エブリデイイングリッシュ 」でも
似たような勘違い表現が指摘されていたと思います。

でもネイティブの間でそれだけ有名な日本人特有の間違いなら、
もはやナンパと誤解されることもないんじゃないでしょうか、ね?


本当に感謝しています

I really appreciate.
△ 私の評価がすっごく上がってます。(全く意味が違う)

I really appreciate that.
○ 本当に感謝しています。


これも私、やっちゃった記憶があります・・・それも結構な頻度で。
思い返すと恥ずかしいですね。

「何に」感謝しているのかという目的語(that)が抜けていると
全く違う意味になるということが、よく分かる例だと思います。

これはもう決して間違えないようにしたいです(笑)。


何か考えがありますか?

Do you have any idea?
△ その頭で何か浮かぶの?あるなら言ってごらん。(上から目線の印象)

Do you have any ideas?
○ 何か考えがありますか?


これもですね~、ありますね、言ってしまったことが。

sがつくか、つかないか、という違いなんですが
それだけでこんなに違いが?と、個人的にこのフレーズに一番驚きました。

というわけで、目からウロコの勘違い英語、気をつけたいと思いました。