とある英語ニュースサイトに、日本の英語の先生の質問に
ネイティブスピーカーが答えている記事を見つけました。

この日本人の先生の質問とは

「英単語のスペルを学校で生徒たちに教える際、
単語のスペルを繰り返し書いて覚えるという方法を取っているが
もっと効率的に英語のスペルを学習する方法はないか?」

というもので、この先生は

フォニックスに基づいたスペルの覚え方・ルールがあるのでは?」

という疑問を抱いたそうです。

そしてこの先生の疑問はその通りらしく、
英語圏では通常小学生でフォニックスと共に学ぶ、基本的なスペリングのルールがあり
それを頭に入れておくと、英単語のスペルが覚えやすいのだそうです。

と、いうわけで以下がその基本的なスペリング(と発音)のルールです。

ぜひ参考にしてみてください。

1. 短母音のルール


1音節の単語の真ん中に母音がある場合、通常その母音は短く発音される。
(音節とは、母音を核にした音のかたまりのことで、下の例はいずれも1音節の単語になります)

例:cat, dog, man, hat, mom, dad, got

またこの時、母音の後のアルファベットが f, l, s の場合、しばしば同じ文字が重なる。

例: staff, ball, pass

2. 母音が2つ続くとき


2つの母音が隣同士で続く場合、通常その部分は一番目の母音の音で発音され、
二番目の母音は発音されない。

例: meat, seat, plain, rain, goat, road, lie, pie

3. 母音 – 子音 – E(母音)のとき


短い単語、もしくは長い単語の最後の音節がこのパターンで終わる場合、
一番目の母音は長く発音されるが、二番目のEは発音されない。

例: place, cake, mice, vote, mute

4. Y が 長めの I と発音されるとき


短い単語、かつ I 以外の母音が含まれない単語の最後に Y がある場合、
その発音は長めの I になる。

例: cry, try, my, fly, by, hi

4. Y が 長めの E と発音されるとき


単語に特別なアクセントがなく最後が Y もしくは EY で終わる場合
Y は長めの E と発音される。

例: money, honey, many, key, funny

6. E の前の I


発音が長い E の時は、E の前に I を書くこと。(ただし E の前に C が来る場合は除く)

例:relieve, relief, reprieve(スペルは ie )

E の前に C が来る場合の例:receipt, receive, ceiling, deceive, conceive
(スペルは ie ではなく ei となっている点に注目)

7. I の前の E


発音が長い A の場合、I の前に E を書くこと。

例: weight, freight, reign

8. Oi もしくは Oy


単語の中に含まれている時は oi 、単語の最後の時は oy を使うこと。

例: boil, soil, toil, boy, toy

9. Ou もしくは Ow


単語の中に含まれている時は ou 、単語の最後の時は ow を使うこと。
(ただし単語の最後が N もしくは D で終わる場合を除く)

例: mouse, house, found, mount, borrow, row, throw, crow

10. 子音の連続


2音節の単語、かつ短い子音の後に b, d, g, m, n, p が来る場合、同じ子音が連続する。
(音節とは、母音を核にした音のかたまりのことで、下の例はいずれも2音節の単語になります)

例: rabbit, manner, dagger, banner, drummer

11. ch の音


単語の最初であれば ch 、単語の最後であれば tch と書く。
また ch の音の後に ure もしくは ion が続くときは t と書く。

例: choose, champ, watch, catch, picture, rapture


(このスペリング・ルールの元ページはこちら – Basic Spelling Rules



まあこれらのルールを文章で暗記するというより
例を見ているうちに、スペルの法則が何となく見えてくる・・・という感じがします。

聞いた音を文字にする、という意味では日本語より規則性がありそうなので
パターンを覚えてしまえば、スペルミスも減るかもしれませんね。

フォニックスが分かると英語がもっと分かる

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」を見てみました

イメージフォニックス」という独自の方法で、簡単に、ほんの数秒でネイティブ並みのフォニックスの音をマスターする方法についても語られています。
無料でもらえるDVDというと、何だかうさんくさいとか、怪しいとかいう先入観を持ってしまいがちですが、結論から言うと、個人的にこのDVDはすごくためになりました





フォニックスって
なんですか?

フォニックスを基礎から学べる大人向けのCDつき本です。エクササイズを付属の音声CDで進めれば、ルールと発音をマスターできます。フォニックスという言葉は聞いたことがあるけれど、「でもフォニックスっていったいなに?」と思っている方、一応知っているけど正確にはよくわかっていないという方、これからフォニックスの勉強をしたいと思っている方におすすめ。



Active Phonics
(DVD付き)

フォニックス・ルールが簡潔でわかりやすいアニメーションで表現されており、フォニックスのルールを効率よく学びたい方に最適です。
人気VJ(ヴィジュアルジョッキー)小川竜朗氏のセンスが光る、見ているだけで楽しい映像です。



フォニックス
“発音”トレーニングBook

フォニックスは、英語圏の子供が学ぶ「つづりと音」のルールです。本来はつづり学習用の教材なのですが、発音を苦手とする日本人の成人学習者には効果絶大のトレーニング素材となります。 このフォニックス音に着眼し、読者の方が独学でトレーニングを行えるよう製作されたのが当本です。
付属CDと一緒に楽しく音読エクササイズを行ってください。




EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


私の英会話教材体験記