東進カリスマ講師・安河内先生の
「美イングリッシュ検定」の前回からの続きです。

Q2. 繁華街まで行きたいんですけど、道を教えてくれませんか?

真っ先に「汚イングリッシュ」判定されたのは、劇団ひとり。

「繁華街」を英語で何と言うか、また「道を教えて」を何と言うか?
そこがポイントという話でしたが、みんな「繁華街」に苦労しているようでした。

劇団ひとりは night town「夜の街」でペケ。


null



キスマイの藤ヶ谷くんの考える繁華街は neon city「ネオンの街」。

ただしこの neon city は、この企画を安河内先生と共に監修していたネイティブから
「この言い方は(間違いだけど)カッコいい!」と絶賛だったそうです。

しかし teach は「教室で先生が生徒に教える」ような場合の「教える」なので
「道を教える」ようなときには用いないという指摘がありました。



null



ここで「道を教えて」は show もしくは tell で以下のような表現になるとネタ明かし。

口頭で教わるような場合には tell でもOKだが
一般的に道順は身振り手振りを交えて説明するものなので、
そうなると show が一番しっくりくるのだそうです。



null



国立大学出身のプライドをかけて挑んだ大久保さんは
イマイチ話がまとめられず、こちらも汚イングリッシュ。

「繁華街」を他の言葉で伝えようとして
かえってややこしくなってしまったパターンでしょうか。



null



そしてこの2問目を制したのは高畑淳子さん。
実は子供のころから外国人に憧れを持っており、コツコツと英語を勉強してきたそうです。



null



というわけで「繁華街」は downtown.

downtown というと「下町」を思い浮かべそうだが
NYのマンハッタン島をイメージすると分かりやすいという話で、uptown は山の手・住宅街。

一方の downtown は金融・経済の街、
タイムズスクエアなどの人が集まるスポットが集中している = つまり繁華街、という説明でした。

これなんかも知らないと、いくら考えても出てこない単語ですよね。



null



ちなみに安河内先生の模範解答は

Please show me how to go downtown.
繁華街まで行きたいんですけど、道を教えてくれませんか?


この答えは実際のところ、繁華街まで行きたいんですけど・・・なんていう表現は入っておらず
「繁華街までの道順を教えてください」という感じですね。

日本語の文章を、一旦英語で組み替える、忠実に訳そうとしていない
ここがゲストさんたちと、安河内先生の答えの大きな違いだと思います。

これって実は英語をモノにする上で、大きなポイントかもしれません。
ラクラク英語マスター法」にも、このあたりの話は出てくるんですよ。

結局、downtown が出てきたのは高畑さん一人という結果でした。

しかしシルク姐さんの答えも毎回こなれているというか、一番自然な気がしますし
菊川さんの回答例などは、文法力のある人の答えだなと思いました。
これなら繁華街という単語が分からなくても、伝わりそうな気がしますね。


null



この2問目では downtown という単語が出てくるかどうか?がカギでしたが

正しい単語が言えれば、相手は分かってくれる

ということで答えを知ってしまえば、なぁ~んだ、という話なんですが
意外に簡単な単語が出なかったりするんですよね。



null


他にも downtown とセットで覚えておきたい単語として、
上記のような単語がピックアップされていました。


短期間で英語力をぐんぐん身につける英語勉強法の秘密を知りたくありませんか?
TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法 >>


EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


私の英会話教材体験記