TESCOのすぐそばにあったのが、
Waitroseというスーパーです。

規模も品揃えも、成城石井にちょっと似ている
TESCOよりも高級なスーパーです。

Waitroseは魚、チーズ、野菜、ワインのチョイスが豊富で
時折チーズやミルクなどの乳製品を買いに行っていました。

またスコーンに添えるクロテッド・クリームという
生クリームを数倍濃厚にしたような、
色も白というより黄色がかったような
こってりしたクリームも、美味しかったです。

お客さんの層もTESCOとは若干異なり
あまり子ども連れの人たちは見かけないので
落ち着いて買い物が出来る場所でもありました。

Waitroseの魚は結構新鮮で、TESCOより種類も多く、
スズキやタラなどを買ってきてバターソテーしたものに、
ちょびっと醤油をたらすと
日本のお米が恋しくなります。

お米はタイ米のような粘り気のないお米を
鍋で炊いていました。

イギリスは結構カレー好きの人が多く
お米はどんなスーパーでも手に入りますが
さらさらのインドカレーに添えるせいか
粘り気のないパサパサのお米ばかりでした。

予想外に堪能できたのはチーズです。

イギリスのスティルトン、フランスのブリー、ロックフォール、
チェダー、モッツァレラ、ギリシャのフェタチーズなど
種類も豊富で、日本よりも随分安かったので
パンにのせたり、パスタと和えたり
ここぞとばかりにチーズを食べまくっていました。

チーズといえばワインがお決まりですが
ここでは真っ黒なギネスに
ポロポロした堅めのチーズの組み合わせが美味しくて
おそらく毎月の食費、およそ3万円のうち、
1万円はチーズとビール代に消えていた気がします(^^;)