ホワイトカラー シーズン3 第15話より:

bear with me
堪忍してくれ、すまないが耐えてくれ


身元を偽りテイラーの元に送り込まれたニールとモジーは
テイラーから、100年前にベイブ・ルースの使ったボールを偽造するよう指示を受ける。

ホテル王・ウィスラーが欲しているのは
ヤンキースタジアムに展示されているそのボールであり、
テイラーの計画は、ボールのすり替え詐欺であったのだ。

彼らを逮捕するには、テイラーがウィスローにボールを渡す瞬間を抑えねばならないが
その日時と場所をピーターに伝えようにも、テイラーによって完璧な警戒態勢がしかれており
さしものニールも外部に連絡する術を絶たれていた。

そこで2人は、すり替え予定の偽ボールのステッチを、あえて不自然に仕上げることに。

ピーターが不自然さに気づけば、きっとボールの内側に記した情報を見つけるはず・・・
というニールとモジーの賭けが見事にヒットするというシーンです。

Is that a common mistake?
この縫い目はよくあるミスですか?(ピーター)

No. But I’ll have to check this ball’s documentation.
いいえ。しかし資料を確認してみないと何とも。(球場の警備員)

You know, it’s nearly 100 years old.
何しろ100年も前の品ですからね。(球場の警備員)

That’ll take too long.
それじゃ時間がかかり過ぎる。(ピーター)

(懐からナイフを取り出すピーター)

What are you doing?
何をするんですか?(球場の警備員)

Bear with me.
どうかご勘弁を。(ナイフでボールを切り開くピーター)

Wait! Oh… I can’t believe you did that.
待って!ああ・・・あなたは何てことを。(球場の警備員)


bear with me 「私に我慢して=堪忍してくれ、すまないが耐えてくれ」ということで
相手に不快な思いをさせねばならない時、迷惑や負担をかけざるを得ないときなどに
本当にごめん、勘弁してね、という気持ちを示す言葉です。

2週間で発音の改善効果を実感「成功英語 発音の3ステップ」

null「成功英語 発音の3ステップ」は、作家・実業家としても知られるジェームス・スキナー氏が開発した、最短2週間でネイティブのような発音を身につけるための教材です。

実はこの「成功英語」は一風変わったメソッドで、スキナー氏考案の独自の発音記号を元に練習を進めるのですが、この発音記号が、ちょっとした発明と呼べるほど出来が素晴らしく、そのおかげで従来の発音練習に比べて、非常に少ない手間と時間で美しい発音が身につくよう設計されています。
実際に私自身も、1日10分の練習を10日間、正味100分程度の練習で、発音が改善されたという実感を得ています。

この教材は特に12歳以上の大人の方、一般的に耳から英語を聞いても、正しい発音を身につけるのが難しいとされる年代の方にこそ、おすすめです。

私の「成功英語」体験記はこちらをどうぞ >>

成功英語 発音の3ステップ 詳細ページはこちらからどうぞ >>


EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話