ホワイトカラー シーズン4 第4話より:

Good hustle
よくやった


ピーターの命令により、ソフィーに近づくこととなったニールは
彼女の家を訪ねて、一緒に食事をすることに。

そして美味しい料理とワインのマジックか、別れ際に熱いキスを交わす2人。

その様子はしっかりと写真に撮られ、ピーターの元に送られてきた。

乗り気でなかったはずのニールとソフィーの情熱的な写真に少し驚くピーターと
それをアレコレ弁明しようとするニールとの会話です。

Yeah, I went for the hug… Sophie upped it to a kiss…
俺はハグのつもりが・・・ソフィーがキスを・・・(ニール)

Yeah, and you couldn’t deny the kiss ’cause you were working.
そうだな、仕事なんだからキスもやむなしだったろう。(ピーター)

Whatever it takes to get the job done.
どれもこれも任務のためさ。(ニール)

Good hustle.
よくやった。(ピーター)


deny は「否定する、拒む」。

Whatever it takes は「どんなことをしても、何が何でも」。

そして good hustle は「よくやった」。

hustle には「やる気、~に精を出す、張り切る」という意味と
「詐欺、ペテン」という意味があり
さらに hustler とrをつけると「詐欺師、やり手、遊び人」みたいな意味になります。

アメリカの超有名ポルノ雑誌に Hustler というのがありますけども
最近出たスズキの軽自動車「ハスラー(Hustler)」という名前に
結構ビックリした英語圏の人もいたようです(笑)。

とすると「ダイハツ・ネイキッド(裸)」とか「いすゞ・ビッグホーン(巨大角)」とかも
当時はビックリなネーミングだったんじゃないかと思います。

2週間で発音の改善効果を実感「成功英語 発音の3ステップ」

null「成功英語 発音の3ステップ」は、作家・実業家としても知られるジェームス・スキナー氏が開発した、最短2週間でネイティブのような発音を身につけるための教材です。

実はこの「成功英語」は一風変わったメソッドで、スキナー氏考案の独自の発音記号を元に練習を進めるのですが、この発音記号が、ちょっとした発明と呼べるほど出来が素晴らしく、そのおかげで従来の発音練習に比べて、非常に少ない手間と時間で美しい発音が身につくよう設計されています。
実際に私自身も、1日10分の練習を10日間、正味100分程度の練習で、発音が改善されたという実感を得ています。

この教材は特に12歳以上の大人の方、一般的に耳から英語を聞いても、正しい発音を身につけるのが難しいとされる年代の方にこそ、おすすめです。

私の「成功英語」体験記はこちらをどうぞ >>

成功英語 発音の3ステップ 詳細ページはこちらからどうぞ >>


EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話