前回のイギリス編に続き、今日はオーストラリア編です。

私の周りでも、オーストラリアにワーキングホリデーに行く人は何人か居て
気候も良いせいか、皆が楽しかったと言っていました。

また日本語を話せる人もそこそこ居るので、
他の国に比べると日本人には過ごしやすい外国かもしれませんね。

Q1.どこの国に、どのようなビザで滞在しましたか?

ワーキングホリデービザで、オーストラリアに1年でした。

通常の語学留学と違い、1年間自由に時間を使える点を活用して、仕事をしながらあちこちを旅する「ラウンド」をやりました。

同じようにラウンドをしている日本人も多かったですね。

Q2.一年間の生活費の内訳を、可能な範囲で教えてください

現地ですぐに働くつもりだったので、渡航費や保険料は別として、150万円ほど用意していきました。

私は実際すぐに働き始めたので何とかなりましたが、もし最初の数ヶ月は語学学校に通うとかだったら
200万円くらいは用意した方が安心
かもしれません。

Q3.現地ではどんな仕事をされましたか?

お土産屋、日本食レストラン、フルーツピッキング(果樹園の収穫手伝い)などでした。

働き方としては、一箇所に留まって働き続ける人もいますし、
2~3ヶ月おきに場所を移動しながら、移動先で働き口を見つけて暮らすような人もいます。

Q4.その仕事はどうやって探しましたか?

最初はJAMS.TVというサイトでアルバイト募集を見て決めて
あとは現地のローカル紙で探したり、街で張り紙を見たりして探しました。

オーストラリアは比較的、アルバイトでも賃金が高いので
暮らし方にもよりますが、貯めようと思えば貯金も出来ると思います。

だから少しお金が貯まったら新しい場所に引っ越すとか、そういう生活をする人も多いわけです。

Q4.実際に海外で働くとなると、どのくらいの語学力が必要ですか?

もし日常会話が出来るレベルなら、どんなアルバイトでもOKだと思います。

逆にほとんど喋れない場合でも、日本食レストラン等なら大丈夫でしょう。

オーストラリアは日本人も多いので、彼ら相手の仕事なら、
あまり語学力がなくても雇ってもらえる所は見つかります。
(ただ語学力をつけたいなら、日本人コミュニティに浸からない方がいいとは思いますが)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ということで、オーストラリアのワーキングホリデーのお話でした。

最初に言葉の面で、日本人が過ごしやすい外国と書きましたが、快適すぎて英語力を磨くチャンスは減るのかもしれません。

でもやっぱり暖かい国だとノンビリしたくなりますよね、きっと。

私ももしオーストラリアに行っていたら、極寒のイギリスと同じペースでは勉強出来なかったと思います。


ただ治安が良く、気候が良く、その上外国人でも賃金的も恵まれている国というのは
そんなに多くはありませんので、
移住先としてオーストラリアの人気が高いのも頷ける話です。

下記のような留学エージェントでも、オーストラリアは人気があるようです。

留学であなたの将来を変えよう!/ヨーク国際留学センターの海外留学 >>


それに海外に出る目的は、何も英語の習得だけではなく
自分の視野を広げたり、様々な国の人と接して世界を垣間見ることでもあると思います。

そういう意味では、長い人生のうちの1年間、
日本に居ては出来ない経験をする場として、オーストラリアはかなり良さそうですね。