ホワイトカラー シーズン4 第16話より:

Business as usual
いつもどおり


上院議員プラットの手先と思われる新任女性上司・キャロウェイは
意外なことに、ピーターと共にプラットの弱みであるエレンの箱を探すと告げる。

もしそれが本当にプラットを弾劾する内容であれば
彼女にとってもそれは使い道のある物となるためだ。

そして早速、彼女が先頭指揮を取る捜索チームがFBI内に編成されるが
キャロウェイを信用していないピーターとニールは
何とか彼女を出し抜いて、FBIチームより先んじて箱を回収しようと試みるのだった。

ピーターが腹心の部下であるジョーンズとダイアナにこっそりと
捜索の進展状況を報告するよう指示する場面からです。

I’m making you two team leaders.
今回は君らに捜索を担当してもらう。(ピーター)

Report only to me.
そして報告は私だけに。(ピーター)

Business as usual.
いつもどおりにやりますよ。(ジョーンズ)


Business as usual は「いつもどおり、普段と変わりない」ということで
businessという単語が含まれますが、これは特に仕事に限定したものではなく
普段からしている行動や日常生活が、今日もいつも通り、変わりないということです。

ジョーンズにとってピーターはもっと近しい直属の上司ですから
新任のキャロウェイ以上に信頼関係が築かれているはずで
そんな彼にとって、キャロウェイよりもピーターの指示を重んじることは
何も不自然ではない、Business as usual、ということになるのだと思います。

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話