翌日は高級ホテルから、
ドミトリーへの引越しで1日が始まりました。

この旅先での
何でも自分で決められる、
1日の過ごし方を勝手に決めていいというのは、
クセになるような開放感でワクワクします!

昨日とは打って変わってのドミトリーと呼ばれる相部屋には
2人の日本人旅行者の先客がありました。

このような相部屋では、同室の者どうし、
話ができるという利点もありますが、
荷物の管理や門限など、気をつけなくてはならない面もあります。

この宿は、
料金の安さと日本の旅行者が多く、設備が綺麗だということで決めましたが
割と当たりで、同室の方とも気持ち良くすごせ、
ブルー・モスクやアヤ・ソフィアも徒歩で行けるので、
確か5日間ほど滞在したと思います。

null

スルタン・アーメットのモスク(wikipediaより引用)

旅先での1日は気ままそのものです。

朝は9時頃起きて、すぐそばのケバブ屋さんで朝食。
100円もしないくらいだったでしょうか。
ケバブに飽きたら、ピデと呼ばれるトルコ風ピザ。
これも100円ちょっとくらいでしょうか。

それにアイランという、
塩味のヨーグルトドリンクを飲むのが定番でした。
日本には甘いヨーグルトが多いので、はじめは不思議でしたが
そのうちクセになってくる美味しいドリンクです。

気分によって店で食べることもあるし、
少し歩いてブルー・モスクの見えるベンチで食べたりするのです。

その後、一旦宿に戻って歯磨きやちゃんとした身づくろいをして
(何と、ケバブ屋へは顔を洗っただけで行っていたのです・・・)
さて今日は何をしようかと考えます。

イスタンブールなら、
出かける先に事欠くことはありません。

大通りやバザール、モスク、トプカプ宮殿、考古学博物館、
007の撮影にも使われたと言われる地下宮殿、
少し歩いて坂を下れば、
エミノニュという、オリエント急行の発着点だった駅や、
日本のテレビでもよく紹介されるサバサンドや
餅のように伸びるトルコアイスを売る海辺の出店もあるし、
ガラタ橋、ガラタ塔、新市街のショッピング通りへ行ってもいいし、
気が向けば、ボスポラス海峡を渡る船に乗ることもできます。

null

ボスポラス海峡(wikipediaより引用)

イスタンブールのこの界隈では、
独学の英語に、あちこちで教わった片言のトルコ語をプラスすれば
ほとんど困ることもありませんでした。

ただ一つ、私のこの気ままな旅には
カッパドキアとパムッカレをに行きたいという計画がありました。
写真などで見たことのある方も多いと思いますが、
どちらもちょっと不思議な景色なのです。

そういうわけで、旅の予約だけは先にしておこうと思い、
大通りに星の数ほど立ち並ぶ旅行代理店から、
カンで選んだ一軒に行ってみることにしました。

結果的にはここを選んだおかげで、
私の旅はものすごく充実することになったのですが、
その話はまた次回に。