これまで2回にわたって、
映画を教材として英語のリスニング力を高める方法を紹介しました。

本当に映画の台本を印刷した方は、
きっと驚かれたと思いますが
一本の映画の台本を印刷すると、ものすごいページ数になります!

なのでそんなにたくさんの映画を
この方法で見ることは出来ないんじゃないでしょうか。

でも、それでいいんです(笑)。

たくさんのスクリプトに数回ずつ目を通すくらいなら
1つのスクリプトを、
それこそ暗記してしまうくらい、何度も何度もやってみてください。

あらかた覚えたら
今度は、登場人物の誰かになりきって
そのキャラクターのセリフを
自分も同じタイミングで声に出して言ってみてください。

自分もその映画の出演者として、
ほかの登場人物と一緒にロールプレイをするわけです。

ですから自分の好きな役者さんの映画を選んで
相手役に扮してみると、とても良いのです。
感情を込めて楽しくやった方が、記憶力も良くなる気がするからです。

そうやって一本の映画のセリフを
まるまる覚えられたら、
一体どれだけの文章が頭に入っていることか・・・!

恐らくヘタな参考書(スミマセン…)を覚えるより
ずっと実用的で、バラエティ豊かな表現が身についていると思います。

しかもそれらの言葉は、
テキストや参考書のように分断された文章ではなく
全てが自然なつながりを持った、会話文です。

後は必要に応じて、
覚えこんだ文章の名詞や動詞を入れ替えるだけで
何百通りもの英語のフレーズが、
スラスラと使えるようになっていきます。

こうやって英語のスクリプトを活用することで
リスニング力と語彙力の両方を
自然にアップさせていけるようになります。

あれっ?何だかいつもより英語が聞こえる・・・

null「リスニングパワー」は、従来の会話文を聞いて耳を慣らすという方法ではなく、英語と日本語の周波数に注目し、英語を聞き取りやすい耳を開発するというコンセプトで作られたリスニング教材です。

これは英文を暗記して覚えるようなものではなく、日本人が英語を正確に聞き取れない最大の要因である「英語にあって日本語にない音の周波数」を聞き取る訓練ができるというものです。
2~3週間という短期間でも効果を得やすく、そのためハリウッド進出を果たした多くの日本人俳優・女優も、英語力の強化法として「リスニングパワー」を採用しています。

私のリスニングパワー体験記はこちらをどうぞ >>

リスニングパワー詳細ページはこちらからどうぞ >>