錦織選手の試合を見るため、WOWOWに加入しているんですが
色々と面白い映画をやっているので、気になった作品をHDに撮りだめして観ています。

それで今月は「マダム・イン・ニューヨーク」というボリウッド映画に出会いました。

これは英会話を始めたばかりの方、レベルアップを目指している方、
あらゆる方に元気をくれる作品だと思い、ついご紹介したくなった次第です。

お話はインドの中流家庭の主婦・シャシが、NYで暮らす姪っ子の結婚式準備を手伝うため
家族に先んじて単身NYに渡るところから展開していきます。

     

原題は”English Vinglish”



どうやらインドでも裕福な層ではもはや英語が必須のようで、
家族のためにかいがいしく毎日頑張るシャシも
「英語が出来ない」というただその一点のために
ティーンエイジャーの娘や夫にバカにされ続けています。

とても美人で優しいお母さんなのに、思春期の娘にはグサグサと言葉の刃で傷つけられ
夫には「料理だけは出来る」なんて言われて、シャシは自信喪失状態、
そんな中、先に一人でNYに行って、姪っ子の手伝いをしろと夫に言いつけられ・・・。

一人では怖いし英語も出来ないしとても無理、と泣いても相手にしてもらえず
渋々シャシはNYに向かいます。

そして案の定、彼女はNYの街で英語が出来ないばっかりに、
とても傷つく体験をするのですが、そこから彼女は一念発起して
英会話学校に通う決心を固めます。

姪の結婚式までに少しでも英会話が出来るようになりたい、と
誰にも内緒でこっそりとレッスンに通うシャシ。

そこから彼女に様々な出会いがあり、失っていた自信を取り戻し、そして・・・
というお話で、英会話を軸として、一人の女性の内面の変化を描いています。

シャシの通う英会話学校には、色々な国の、色々な価値観を持った人が集まっていて
今まで自国の人々と接する事しかなかったシャシは多くを学んでいくんですが
英語がまだ不得手だけど、どうにかお互いのことを伝えようと奮闘する所とか
あまりにも自分と違う考えに内心ビックリするとか、生徒間で恋愛感情が芽生えるとか
あらゆる場面が「語学学校あるある」という感じで、
私も自分の通っていた頃を懐かしく思い出しながら見ていました。

おそらく若くして結婚して妻となり、子供が生まれてからは母として
いつも家族のために頑張ってきたシャシにとっては、
この語学学校の日々はウキウキと発見の連続、正に青春だったんじゃないかなと思います。



右側の女性がシャシ役のシュリデヴィさん。この美貌で48歳とは恐れ入ります!


個人的な考えですが、語学留学中というのは、特に自分から望んで行った場合、
普通は社会的な義務も仕事もなく、新しい学びと出会いと刺激に溢れていて
異国の風物もただただ珍しく楽しく、もう毎日が楽園みたいなもので
そういう楽しくて仕方がない雰囲気がよく出ていました。

この映画を見て、外国に語学留学したいと思う人もいるかもしれません。
(まあ留学先がこの作品の学校のように楽しいかどうかはまた別ですが・・・)

結局、英語でも何でも良いんですが、人は打ち込むものがあると輝くし
そうして自分が輝きだすと、人生も良い方向に変わっていくんですね。

どんな状況も自分の生き方次第なんだと、作品から伝わってきます。

そしてこの英会話学校は4週間が一区切りのプログラムとなっていて
その4週間でシャシの何が変わったか、どう変わったかが、英語の上達ぶりと合わせて
爽やかに美しく描かれています。

見たらきっと英会話、そして人生にやる気が湧いてくる「マダム・イン・ニューヨーク」、
未見の方にはぜひおすすめしたいです。

ちなみに今(2015年6月現在)なら、WOWOWのお試し加入をすると
すぐにオンデマンドで「マダム・イン・ニューヨーク」が見られます。

番組表によると、テレビ放映は今月はもう無いようですが
WOWOWお試し加入→オンデマンドなら2015年8月24日までいつでも視聴可能です。


【WOWOW】今すぐ加入で見放題 >>