ザ・メンタリスト シーズン2 第20話より:

don’t push your luck
調子に乗るな、図に乗るな


新興宗教ヴィジュアライズの教祖・スタイルズは
ジェーンらの訪問で受けた侮辱に対し、上司のハイタワーに苦情を申し入れにやって来た。

自分に有力議員のコネがあることをチラつかせ、
ジェーンたちを遠ざけるようハイタワーに要求するが、
意外なことに彼女はスタイルズの苦情を一蹴、引き下がる気はない事を示す。

彼女もジェーンたちと同じように、彼の背後に犯罪の匂いを嗅ぎ取っているのだった。

My good friend Senator Aleman is very concerned about my treatment.
私の良き友人、エールマン議員が私の扱われ方を心配してくれてね。(スタイルズ)

Of course, you do know the good Senator.
もちろん君も議員を知っているだろう。(スタイルズ)

Chair of the Justice Committee.
司法委員会の議長だ。(スタイルズ)

I know him.
存じています。(ハイタワー)

(中略)

Miss Hightower. Don’t push your luck.
ハイタワーさん。あまり図に乗らない方がいい。(スタイルズ)


treatment 「(人に対する)待遇、扱い」。

そして don’t push your luck は直訳すると「あなたのツキをゴリ押しするな」、
push には「押す」以外にも「ゴリ押しする、強引に推し進める」といった意味があり
それが転じて「調子に乗るな、図に乗るな」という意味になります。

また push が含まれたフレーズとしては他にも

don’t push it 「せかさないで」
if push came to shove 「いざという時が来たら、必要とあらば」
push one’s buttons 「人を怒らせる、人をその気にさせる」
push (someone) over the edge 「(ショックのあまり)正気を失う、自暴自棄になる」

など、覚えておくと便利なバリエーションがたくさんあります。


海外ドラマを使った具体的な英会話習得法はこちら >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話