映画「ミート・ザ・ペアレンツ」より:

work in progress
(作業が)進行中、作成途中


気まずいお祈りをどうにか済ませ、一家での夕食が始まる。

何とか明るい話題をしたいとグレッグは、
目についた壺をネタにちょっとしたジョークを言うが
実はその壺は、ジャックの母の遺灰が納めされた骨壺であった。

さらなる墓穴を掘ってしまったジャック、どうにか雰囲気を変えようと
デイナは夫のジャックが書いた母の詩を朗読してほしいと頼む。

Oh, honey, why don’t you read Greg your poem?
そうだわあなた、グレッグに詩を読んであげたら?(デイナ)

(中略)

You wrote a beautiful poem about your mother.
あなたお母さまの美しい詩を書いたでしょ。(デイナ)

Please, we really want to hear it.
私たちにぜひ聞かせて欲しいわ。(デイナ)

Poem! Poem! Please?
詩ですか、詩!ぜひお願いします。(グレッグ)

…All right. It’s a work in progress.
・・・分かったよ。まだ手直しの最中でね。(ジャック)

I’m still not happy with it.
満足な出来じゃないんだが。

As soon as it’s ready,
完成したら、(ジャック)

I’m going to glaze it onto a plate and put it next to the urn.
額にして骨壺と一緒に飾るつもりだ。(ジャック)


work in progress は「(作業が)進行中、作成途中」。

work「作業、作品、仕事」が in progress「進行中、進化中」ということで
ここでは母の詩を「もっと磨き上げている最中」=「手直し中」という解釈になっています。

glaze「(陶器に)うわぐすりをかける、ガラスをはめる、光沢をつける」。

ドーナッツの種類で、砂糖がけでつやをつけた“グレイズド・ドーナッツ”、
その glaze ですね。

ここでは自分が書いた詩を glaze it onto a plate(飾り皿に刻む)
=「額にする」の意味で使われています。

urn「骨壺」。

何か任意の文章や写真を飾り皿に焼き付けてくれるサービスがあるのでしょうね。

そうやって、母の遺灰と共に飾るというわけで
ジャックの敬愛するお母さんの骨壺をネタにしてしまったジャックは
ますます肩身が狭くなってしまいます・・・。

※「ミート・ザ・ペアレンツ」は Huluで英語学習向け(英語字幕がある)映画として
2016年7月現在、おすすめ作品になっています。



Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中! >>


EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話