「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」シーズン2 第4話より:

follow through
最後までやり抜く、(契約、約束等を)守り抜く、(命令等に)最後まで従う


ハロウィーンの日、エリオットのもとにダーリーンが訪ねてくる。

久々に雑談をする中で、エリオットは彼女に、自分は再び精神科に通っている事を話す。

彼は日々、別人格を呼び起こさないよう、注意しながら暮らしてきたのだが
ハロウィーンの仮装のつもりか、fソサエティの仲間が被っているお面をつけた途端、
MR.ROBOTが現れてしまう。

そして目下データベース再構築中のEコープを、
今度こそ完全に叩きつぶす方法をダーリーンに語り出す。

The hard part would be after, during the fallout.
難しいのはその後だ、実行した後。(エリオット)

That’s the key. The follow through.
それこそが鍵なんだ。 後始末さ。(エリオット)

They’d have an opportunity to reset, rebuild their database.
向こうはデータベースを再構築しようとするだろう。(エリオット)

We couldn’t let them.
それを阻止しないと。(エリオット)

It’d be tempting to lay off them afterwards,
実行した後は放置したくなるもんだが、(エリオット)

but that’s when you have to go in for more.
そこでもっと攻撃すべきなんだ。(エリオット)

(中略)

… Dude, you’re freaking me out.
・・・あんた、ちょっと怖いんだけど。(ダーリーン)


fallout「放射性降下物、死の灰」。

核実験や原発事故によりばらまかれた放射性物質が、
事故後にじわじわと遠くまで拡散し、広範囲に降ることを表す語です。

ここでは、データベース破壊の後、という意味で使われており
「(破壊が巻き越した)混乱、余波」といった感じでしょうか。

そして follow through は
「最後までやり抜く、(契約、約束等を)守り抜く、(命令等に)最後まで従う」。

follow「続く、従う」、through「通る、通過する、貫く」、
=「(ある事が終わるまで)やり通す、従い続ける」となります。

そういえば、BBCの車番組「トップギア」の「有名人レースコーナー」で使うレース場に
“フォロースルー”と名のついた高速コーナーがありました。

あれは follow through 本来の意味から想像するに
「ひたすら突っ走る、アクセル全開で攻め続けるコーナー」といった意味なのかなと
ふと思い出しました。

ともかく革命でもレースでも「最後まで貫く」のが成功を呼ぶ鍵かもしれませんね。

lay off 「(従業員を)一時解雇する、構うのをやめる、放っておく」。

go in 「(家などの)中に入る、(物が)ぴったりおさまる、参加する、攻撃する」。

マスクをかぶるや否や、別人格のスイッチが入ったようで
ダーリーンに怖がられてしまうエリオット。

一体、あと何人の人格が彼の中に隠れているのか
(実はタイレルも自分だった・・・ということはないか・笑)
それに寄って話の展開も変わってきそうです。


※「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」は Amazonプライムで視聴出来ます(2016年11月現在)。

「缶コーヒー3本分」で毎月、映画・ドラマが見放題

   

 

What's Amazonプライムビデオ?
Amazonプライムビデオは、年会費3,900円の「Amazonプライム会員」に登録することで、数千本に及ぶ映画、ドラマを無制限で視聴できるサービスです。

月額、ではなく「年額」3,900円ということは、月割りでおよそ325円、缶コーヒー3本分ほどの価格で、何千種類ものコンテンツが見られる上、書籍も読むことが出来ます(形式は電子書籍、Fireタブレット所有者向けサービスとして)。

Amazonプライムビデオは、パソコン、スマートフォン、iPad、Fire等のタブレット、ネット接続されたテレビでの視聴が可能なので、例えば前夜、途中まで見た映画やドラマを、翌日の通勤電車内でスマートフォンで続きを見る、なんていう使い方も可能なサービスです。
いつでもどこでも続きが見られる上に、どんなに田舎に住んでいても、あらゆる作品が待ち時間無しで楽しめるのが嬉しい点です。

さらに「映画・ドラマのダウンロード」も可能なので、キャンプや海水浴、山登りなど、ネット接続しづらい環境でも、あらかじめデバイスにダウンロードしておけば、パケット料金を気にせずに楽しめます

「Amazonプライム会員」「Fireタブレット」およびAmazonプライムビデオを活用した英会話学習法については、以下のページで特集していますので、どうぞご覧ください!

・怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法


Amazonプライムビデオ 30日間無料体験はこちら >>

30日間 無料お試し
またAmazonプライムビデオには、どんなサービスなのか不安だという方にも安心の、
30日間の無料トライアルが用意されています。
30日間あればかなりの映画・ドラマが視聴できると思いますので、
まずは体験した上で、継続するかどうかを決めることができます。
何より一年間 3,900円 で見放題と言うのは、他の動画配信サイトと比べてもかなり割安なので、もし自分好みのプログラムが多ければ、かなりお得感があると思います。

それを見極める上でも、30日間無料トライアルというのは嬉しいサービスです。


Amazonプライムビデオ 30日間無料体験はこちら >>

Amazonプライムビデオ 主な対応デバイス
・パソコンの場合
- Silverlight(Windows/Mac)
・ゲーム機器等
- Wii U
- Playstation 3 / 4

・モバイル機器等
- Fireタブレット
- アップル iPhone
- アップル iPad Mini
- アップル iPod touch
- Android(アンドロイド)スマートフォン/タブレット

Amazonプライムビデオ 対応デバイス一覧 >>


Amazonプライムビデオ 30日間無料体験はこちら >>

 


EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


Amazonプライムをフル活用した英会話