ザ・メンタリスト シーズン5 第9話より:

take the rap
(人の)罪をかぶる、(人の事で)非難を受ける


リズボンとジェーンは、レムの勤めていた不動産会社に出向き
支店長と上司に話を聞く。

歩合制で契約を取る不動産営業マンにとって
レムが居なくなることはライバルが減る事でもあるため
2人は仕事場の人間関係に探りをいれる。

Victor was Lem’s supervisor.
ヴィクターはレムの上司です。(支店長)

(中略)

You’re a disbarred lawyer.
君は元弁護士だね。(ジェーン)

(中略)

And you wouldn’t be working here if you weren’t disbarred.
弁護士を廃業してなきゃ、こんな会社に来ないでしょ。(ジェーン)

No offense.
悪く取らないで。(ジェーン)

Corporate litigation.
法人訴訟でね。(ヴィクター)

(中略)

I took the rap for a client.
私が依頼人の罪をかぶったんですよ。(ヴィクター)


supervisor「監督者、管理人、上司」。

disbar「弁護士資格をはく奪する」、
disbarred「(第三者から)弁護士資格をはく奪される」。

disbar は多くの場合、受け身の形 disbarred で用いられるようです。

no offense「悪く思わないで、怒らないで」

litigation「訴訟、告訴、起訴」。

そして take the rap は「(人の)罪をかぶる、(人の事で)非難を受ける」。

rap は「トントンと叩く、おしゃべり、ラップミュージック」の他
「非難、罪」という意味があり、これを take「引き受ける」
=「(人の)罪をかぶる」となります。

ジェーンはヴィクターをはじめ、この会社にいる多くの人たちが
実は前科者であることをすぐに見抜きます。


※「ザ・メンタリスト」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話