一昔前は留学と言うと、短くても1ヵ月くらいは海外生活を送るというイメージで
行き先もアメリカ、カナダ、オーストラリアなど、費用も安くても50万円は覚悟という世界でした。


またこの頃の留学は、観光も兼ねたバケーション的な要素も多くて
行った先の文化に触れて見聞を深める旅といったところもありました。

しかし昨今はもっと真剣に、完全に英語にフォーカスして英語漬けになる手段として
学校や仕事の休みを利用して行ける、一週間前後の語学留学がとても増えているそうで、
この前TVで特集番組をやっていました。

この場合は大体一日6~8時間、英語のレッスンを受けて
学校が用意した寮で生活しながら、集中的に語学力を鍛えるのが主目的で
キャリアアップや就活時に胸を張れる実績を得るために
参加者は皆、かなり真面目に頑張っている様子でした。


英語レッスン



本当の意味で英語が使える、また使えないと会社で肩身が狭い、
そういう方が、まとまった休みを取れる時期にやって来るのだそうです。

行き先の一番人気はカナダで、費用の相場は一週間で30万円くらい、
次点で人気のオーストラリアやアメリカも費用は大体同じくらいで
他に食費・雑費と渡航費(航空券や旅行保険)がかかる計算なので
総額でおよそ50万円くらいでしょうか。

一週間で50万円は高額な出費ですが、将来への投資として
社会人の場合はボーナスをこの一週間留学費用に充てる方も多いようです。

また50万円はちょっと高いなあ・・・という方に人気なのは
やはりフィリピンへの短期留学で、欧米に比べてレッスン費用自体が安いのと
生活費も格安なので、学生さんでもアルバイトで貯めたお金で留学が叶います。

こちらも一週間から可能で、費用は一週間で約6万円からと、カナダの5分の1ほど。

食費も欧米の場合は、ファーストフードなどではなく
しっかりした食事をしようと思えば、一食1,000円は必要だと思いますが
フィリピンは一食200円~600円ほどなので、その点でもお財布に優しい方法です。

環境としても、欧米と比べると遊びに行く場所は限られている分
勉強するしかない(笑)というか、誘惑が少ないので集中できるはずです。

半分はバケーションで楽しみたい、という方にはちょっと違うかもしれませんが
本気で英語力を磨きたいという方には、
フィリピンは安価で最大限の効果を得られる留学先だと思います。

ただ一番安いプランは、3人くらいの相部屋での生活になるので
一人部屋でゆっくりしたいという場合はもう少し費用がかかります。

といっても、一日4時間のレッスンを受けるコースで約7万円、
一日8時間レッスンでも約9万円ですから、留学も随分手軽になりましたよね。

うちで今夢想しているのが、2人部屋プランで夫婦で行くという方法で
一週間毎日8時間レッスンを受けた場合、一人83,500円、夫婦で約17万円

それに渡航費諸々を含めると40万円くらいでしょうか。

食事も2人なら、ローカルな定食屋でアレコレ食べてみたり
スーパーでお惣菜を試してみるのも楽しそうです。


ローカルフード



どこか海外旅行に行くにしても、一週間なら40万円くらいはかかると思えば
休暇の過ごし方として、悪くないかなと思っています。

肌感覚としてもう英語は「出来る人もいる」時代から
「出来て普通」の時代になりつつあると感じます。

JOY5でも80代の女性が英語を話す様子を見ましたが
そういった意味では英語は、もはや何歳であっても、
投資する価値のあるジャンルになってきたのかもしれませんね。


語学学校NILSはフィリピン政府公式認定を受けている、サポート体制も充実した学校で、毎年多くの学生さんや社会人の方が、NILSでの語学留学で英語力を高めています。

常夏の楽園セブで<格安>語学留学、1週間73,000円から短期留学も可能!
フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


私の英会話教材体験記