エンパイア 成功の代償 シーズン1 第3話より:

my leg(s) went to sleep
足がしびれた・つった


自らの病を伏せ、エンパイアの株式上場に向けて
精力的に仕事をこなしているルシウス。

合間に医師の診察も受け、薬も飲んでいたのだが
彼の想像以上に病の進行が早いのか、足がもつれるような感覚に初めて襲われる。

一緒に暮らすアニカにも知らせていないので
ルシウスは咄嗟に足がつったと誤魔化すが・・・。

Wow… Doctor said I wouldn’t have these cramps yet…
おいおい・・・医者はまだ症状は出ないと言ってたのに・・・。(ルシウス)

(中略)

You okay?
どうかした?(アニカ)

Yeah. My leg went to sleep.
ああ。 足がつったんだ。(ルシウス)

Oh. It’s because you’ve been standing on it all day.
一日中立ちっぱなしだったせいかしら。(アニカ)

(中略)

You got to focus on all the positive, okay?
ポジティブな事に目を向けましょうか。(アニカ)

Like the fact that we have the number two, three, and five albums in the country.
今アルバムチャートの2位、3位、5位はうちの作品。(アニカ)

And Hakeem’s single is blowin’ up.
それにハキームのシングルが急上昇してる。(アニカ)


cramp「けいれん」。

my leg(s) went to sleep は「足がしびれた・つった」。

直訳すると「足が眠った」ということで、
足が一時的に正常な感覚を損なう(しびれる・つる)状態を表します。

また「足が眠った」表現として

・my legs have gone to sleep
・my legs are asleep

などもよく使われるようです。

ここではルシウスは「片足だけ」というのを強調したいのか
my leg と単数形になっていますね。

blow up「ふくらませる、爆破する、炸裂する、叱り飛ばす」。

Hakeem’s single is blowin’ up(ハキームのシングルが炸裂中)
=「ハキームのシングルが急上昇中」。

アニカのセリフから見ると blow up は、景気よくボカンと世の中に炸裂している、
「売れている・急速に知名度を高めている」といった意味で
使われる事もあるようですね。


※「エンパイア 成功の代償」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話