エンパイア 成功の代償 シーズン1 第4話より:

wave a(the) flag
主義主張を表明する、意見・考えを周囲に示す


エンパイアの株式上場を控えて、
ルシウスは今後の収益の目玉となる大物を引き抜きにかかる。

狙いはライバル・ベレッティのレーベルに所属するラッパー・タイタンで
現在は事件を起こして服役中の身であった。

ルシウスはつい最近、ベレッティに煮え湯を飲まされたばかりで
これはその仕返しも兼ねた引き抜きである。

本来はアニカがタイタン側と交渉するべき役割だが
彼の事件にはギャングの抗争が絡んでいる事から
ルシウスはお嬢様育ちの彼女一人では務まらないと判断、
自分も補佐として付き添うことにする。

横からクッキーが自分に任せろとルシウスをせっつくが
父との喧嘩の末、援助を打ち切られたジャマルの心配でもしろと、彼女を突き放す。

Look, Titan’s narrative is real. He needs to be here.
タイタンは本物のストーリーテラーだ。 うちに欲しい。(ルシウス)

Beretti is gonna come back at us hard.
きっとベレッティに激しい反撃を食らう。(アンドレ)

So? Let him.
やらせときゃいい。(クッキー)

It’s about time we kicked that fake-ass pimp to the curb.
あのペテン師を懲らしめてやる頃合いさ。(クッキー)

(中略)

I’ll go with her to make sure she’s safe.
アニカには俺が付き添う。(ルシウス)

And, Cookie, you’re gonna stay out of this.
クッキー、お前は引っ込んでろ。(ルシウス)

You know I can handle this, Lucious.
私に任せなよ、ルシウス。(クッキー)

What you need to handle is your client.
お前はジャマルの心配をしろ。(ルシウス)

I hear he’s having a little trouble since he’s been waving his little rainbow flag around,
ゲイだって事を振りかざしたせいで困ってるらしいぞ、(ルシウス)

telling everybody he doesn’t need my money.
俺の金はいらないそうだ。(ルシウス)


narrative「話術、(物語を人に)語る力」。

Titan’s narrative is real(タイタンの語る力は本物だ)
=「本物のストーリーテラーだ」。

ルシウスが一番惹かれるのはきっと、
ストリートの生の声が散りばめられた作品なんでしょうね。

Titan is dope(タイタンは最高だ)というセリフが、何度も出て来ます。

dope は「麻薬」ですが、そこから転じて「最高、イケてる、かっこいい」を意味する言葉で、
主にブラックコミュニティで使われているのかな?
聞いていると cool とほぼ同じ使われ方の気がします。

kick (someone / something) to the curb「~をお払い箱にする、~を見捨てる・冷遇する」

stay out of~「~には近づかない、~を避ける、~とは関わらない」。

handle「操縦する、(物事を)上手くさばく、面倒をみる」。

What you need to handle is your client(お前が面倒を見るべきは、自分のクライアントだ)
=「ジャマルの心配をしろ」。

そして wave a(the) flag は「主義主張を表明する、意見・考えを周囲に示す」、
直訳すると「旗を振る」、その時どんな旗を振るか?で意味が変わってきます。

ここでは his little rainbow flag(彼の虹色の旗)、
虹色はゲイのテーマカラーとされていますので「ゲイだと表明する」となります。

・wave a white flag(白旗)「降参する」
・wave a red flag(赤旗)「警告を発する」

など、どんな旗か?で全く意味が異なってくるのが面白いですね。

それにしてもルシウスは、あらゆる言い回しで
gay「ゲイ」という言葉を回避しているような。

クッキーにも、お前は本当にこれぽっちも(ジャマルの志向が)嫌じゃないのか?と
ひっそり尋ねるシーンがあり、自分の息子がそっち側という事が
本当に受け入れがたいんだろうなと感じさせます。

ジャマルとの喧嘩でも、嫌いというより理解出来ない、と言ってましたが
理解できないと受け入れられない、という点が男脳というか、父親なのかなあと。

クッキーは息子がそう言うならまあ・・・、それでも愛してる、で終わり、
感覚と感情で受け入れてしまう女脳、母親って感じがします。


※「エンパイア 成功の代償」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話