エンパイア 成功の代償 シーズン1 第12話より:

play the/that card
切り札として使う、盾にする


ルシウスの部下・ヴァーノンは、密かにアンドレを後継者として押し
その実現のために工作をしてきたが、ついにジャマルが後継者となったことで
アンドレへの態度を変化させる。

そのヴァーノンの変化にはアンドレも気づいており
その彼に対する不信感が湧き上がっていた。

そこでヴァーノンは、手土産を携えてアンドレの自宅に行き
エンパイアの正式上場前に、何とか彼と和解をしようと試みる。

Look, Dre. Your father’s ringing the bell to take the company public tomorrow.
アンドレ、親父さんの会社は明日上場する。(ヴァーノン)

You’re gonna run the business as you always have, right?
お前もこれまで通り経営陣の一人だ、そうだろ?(ヴァーノン)

And Lucious will teach Jamal the rest of it, and it’s everything we ever wanted.
ルシウスからジャマルは経営を学ぶ、全て俺たちの望み通りじゃないか。(ヴァーノン)

Are you listening to yourself?
本気で言ってるのか?(アンドレ)

What are you, a coward now?
あんたは腰抜けかよ?(アンドレ)

Empire should be mine and you know it.
エンパイアは俺の物になるはずだったのに。(アンドレ)

You stabbed me in the back!
あんたは俺を裏切った!(アンドレ)

Dre what? Don’t ever say I stabbed you in the back.
何を言うんだ? お前を裏切ってなどいない。(ヴァーノン)

I’m here now, for you.
俺はお前の味方だ。(ヴァーノン)

We still have this. You’re still my family, Dre.
俺たちは家族じゃないか、そうだろ。(ヴァーノン)

Don’t play that card with me! You’re not my family.
何が家族だ!お前は家族じゃない。(アンドレ)

You’re just my dad’s thug.
父さんの犬だ。(アンドレ)


Your father’s ringing the bell to take the company public tomorrow
(親父さんは明日、ベルを鳴らして会社を上場させる)。

このベルとは、NY証券取引所の取引開始のベルの事で
明日これを鳴らす役をつとめるのがルシウスというわけです。

確か Sex and the City でも
キャリーがこのベルを鳴らす役に選ばれるエピソードがありましたが
役者、歌手、スポーツ選手、作家等のセレブリティや
その日に新規上場する会社経営者がこの役を引き受ける伝統があり
とても名誉なこととされているようです。

過去にはミッキーマウスやピンクパンサーも引き受けた事があるそうで
日本で言えば兜町にドラえもんやピカチュウが来るような感覚でしょうか、
想像できないけど楽しい演出ですね(笑)。

are you listening to yourself?(自分自身の話を聞いているのか?)
=「何を言っているのか分かってるのか?、本気で言ってるのか?」。

stab in the back「裏切る、背信行為」

そして play the/that card は「切り札として使う、盾にする」。

直訳すると「カードをプレイする」、
ここでは「家族というカード」を「切り札にする」事を指していますが
その時どのカードを使うかを変えると色々な意味になります。

play the sympathy card「同情を引こうとする、同情心を煽ろうとする」
・play the gender card「性差別を盾にする」
・play the race card「人種差別を盾にする」

play the/that card をする方は、使うカードが何であれ
そのカードを切る事で交渉や話し合いを有利に進めようとするもので
それに抵抗したい場合は、アンドレのように

Don’t play that card with me!(そのカードを俺に使うな!)
=「それを盾に使うな」

という答えになるでしょう。

アンドレとヴァーノンの話し合い(というか罵り合い)は
ここから思わぬ展開を迎えていきます。


※「エンパイア 成功の代償」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話