ママと恋に落ちるまで シーズン5 第18話より:

run on fumes
ガス欠、息切れ寸前


リリーの誕生日がやってきて、マーシャルを中心に
親しい仲間たちでパーティが計画される。

リリーは写真魔で、記念日にはいつも写真を撮るタイプ。

当然自分の誕生日にも写真を撮ってきたのだが
いつ見返しても違和感のない写真を残したい気持ちが強く
今回はそれがトラブルの元となってしまう・・・。

Okay, I wanna get the perfect group shot.
いい、最高の集合写真を撮るわよ。(リリー)

Marshall, sit between Robin and Barney.
マーシャル、ロビンとバーニーの間に座って。(リリー)

(中略)

Wait. You don’t want Barney and me to look like a couple in this picture, do you?
待ってよ。私たちをカップルとして写したくないのね、そうでしょ?(ロビン)

Of course I don’t! You two aren’t gonna last.
当然でしょ! どうせ長続きしない。(リリー)

I’m going for timeless here.
これは不変の一枚にしたいの。(リリー)

How dare you!
ひどいな!(バーニー)

That is so rude!
失礼だわ。(ロビン)

It’s true.
事実だけど。(バーニー)

Totally true. We’re running on fumes here, but still rude.
確かに。 ガス欠寸前ではあるけど、ひどいわ。(ロビン)


group shot「集合写真」。

not going to last「長続きしそうにない」。

You two aren’t gonna last(あなたたち二人は長続きしない)。

timeless「永遠の、不変の、時代を超越した」。

I’m going for timeless here(ここでは時代を超越するようにしたい)
=「不変の一枚にしたい」。

時代の移り変わりで変化するものを写したくない、
つまり不安定な(いずれ別れそうな)二人を一緒に撮りたくない、と言っています。

how dare you「よくもそんなことを、ひどい事を」。

そして run on fumes は「ガス欠、息切れ寸前」。

fume「けむり、蒸発気」で走る、つまり既に気化したガソリンで車を走らせている
=「ガス欠、息切れ寸前」。

もうすぐ尽きそう、終わりそう事を指して使う言葉で
とりあえずロビンとバーニーには自覚はあるみたいですね(笑)。


※「ママと恋に落ちるまで」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話