ママと恋に落ちるまで シーズン5 第20話より:

knock on wood
くわばらくわばら、幸運が続きますように


テッドの母が再婚することになり、仲間たち皆で結婚式に出席するが
その席でテッドは自分がまだ独り身で、
ここ数年、人生に何の変化も起きていないことを思い知らされる。

そしてその焦りからか、オークションで衝動的に家を購入してしまう。

そこはテッドの目には未来の妻や子供と暮らせる理想の家に映ったが
崩れかけたお化け屋敷風のボロ屋に、仲間たちはドン引きしてしまう。

I mean, I made a bid online, I won the auction the next day, and I got approval!
この家をオークションで手に入れたんだ!(テッド)

I just finalized the paperwork.
手続きも終わった。(テッド)

And was the Blair Witch easy to deal with,
で、ブレア・ウィッチとは楽に話がついたのか、(バーニー)

or did she haggle over the closing costs?
それとも費用を値切ってきた?(バーニー)

Don’t even joke about that, man…
冗談でもそんな話やめてくれ・・・。(マーシャル)

(中略)

Ted, this is insane.
テッド、気でも狂ったの。(リリー)

This is gonna take years, and a small fortune to make livable.
ここを住めるようにするには膨大な時間とお金がかかるわよ。(リリー)

I’m an architect. I’ll find a way.
僕は建築家なんだぞ。 どうにか出来る。(テッド)

(中略)

Okay, okay. I know. I haven’t found Mrs.Mosby yet.
分かってる。確かにまだ僕の奥さんは見つかってない。(テッド)

But I will, knock on wood.
でも見つける、きっと幸運がある。(テッド)


get approval「(取引等の)承認を得る」。

finalize「終了させる、完成させる」。

I just finalized the paperwork(書類手続きも終わった)。

to deal with「相手にする、取り扱う」。

haggle over「押し問答する、言い合う、しつこく値切る」。

closing costs「不動産売買手数料」。

And was the Blair Witch easy to deal with
(で、ブレア・ウィッチは与しやすい相手だったのか)=「楽に話がついたのか」。

ブレア・ウィッチ(笑)、いかにもお化けが出そうな家・・・というのが伝わりますね。

this is insane(これは狂気の沙汰である、気でも狂ったか)。

fortune「大金、財産、富、幸運」。

a small fortune「そこそこの大金」、fortune「莫大な富」というほどではないけど
それでも大きなお金、という感じでしょうか。

livable「住むに適する、住みよい」。

This is gonna take years, and a small fortune to make livable
(住めるようにするには何年もの時間と大金がかかる)。

そして knock on wood は「くわばらくわばら、幸運が続きますように」。

「木(木材)を叩く」、これは魔除け、またはツキが続くようにという
おまじないの仕草を示しており、knock on wood と言いながら、
木製の物をコンコンとノックします。

またイタリアでは同じような事で“鉄製の物を触る”魔除けの仕草があります。

ただ近頃は木製にはこだわらず
knock on wood と言いながらその辺をコンコンする、という簡略版(?)が主流らしく
テッドも近くの壁をノックしていました。
(すると天井から崩れかけた建材が降ってきます・・・笑)。

勢いに押されてボロ屋を買ってしまったテッド。

でもこの家はやがて本当に、彼の家族の住まいとなるのでした(ヨカッタヨカッタ)。


※「ママと恋に落ちるまで」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話