ママと恋に落ちるまで シーズン6 第11話より:

tread lightly
気を付けろ、用心しろ、深入りするな


テッドと仲間たちは、感謝祭の日からゾーイと急速に親しくなった。

ゾーイの夫・キャプテンはしょっちゅう家を空けるため
一人で退屈していた彼女は頻繁にテッドたちと会うようになる。

そんなある日、ゾーイが皆をディナーに誘うが
あいにくテッド以外のメンツはその日はNGと、
成り行きからテッドはゾーイと二人きりのディナーをすることに。

それを聞いたリリーは、人妻とおかしな事にならないようテッドに釘をさす。

Oh, wait. Just the two of you?
待って。 二人だけで?(リリー)

Tread lightly, Mosby.
気をつけなさい、モスビー。(リリー)

Any time a single guy hangs out with a married woman,
独身男が人妻と出かける時には(リリー)

there are rules that must be followed.
守るべきルールがあるのよ。(リリー)

(中略)

Rule number one. Don’t go anywhere that has candles.
その1. キャンドルのある店へ行かない事。(リリー)

(中略)

Rule number two. No sharing food.
その2. 食事をシェアしない。(リリー)

In fact, anything involving saliva is off-limits.
唾液がつくものは共有しちゃ駄目。(リリ-)

Toothbrushes, thermometers, lipstick.
歯ブラシ、体温計、リップ。(リリー)

(中略)

And the most important rule of all…
そして何より大事なのは・・・(リリー)

No lying to the spouse about anything you do.
相手の配偶者にウソをつかない事。(リリー)

Why would anyone lie?
つくはずないだろ?(テッド)

Look, Zoey and I are just friends.
僕らはただの友達なんだから。(テッド)


tread lightly は直訳すると「軽く歩け(踏め)」、
今にも崩れそうな床板や薄い氷の上などを、警戒しながら進むような足取りの事で
そろりそろりと歩く=「気を付けろ、用心しろ、深入りするな」となります。

先に危険が潜んでいるかもしれないから用心して進め、
ここでは人妻と夜に二人きりは危ないぞ、といった感じでしょうか。

hang out with~「~とつるむ・出かける・ブラブラする」。

follow「後をついていく、従う」。

there are rules that must be followed(そこには従うべき規則がある)。

saliva「唾液、つば」。

off limit「立ち入り禁止、使用禁止、(部外者は入れない)聖域」

anything involving saliva is off-limits(唾液が関連するものは何でも立ち入り禁止)
=「唾液がつくものは共有しちゃ駄目」。

超ムーの世界で観たトンデモ話ですが、
唾液の交換でもヒトの遺伝子は混ざり合うという説があるそうで
性交渉を持たない場合でも、間接的な唾液の交換が過去にあれば
その女性が将来産む子供に遺伝子が伝わる可能性があるとかないとか。

なんでリリーはこんな事を言うのか、本能で何か危険性を察知してるのか、
もしかしてムー民か、ちょっと聞いてみたくなりました(笑)。

spouse「配偶者」。

もう既に危険なフラグが立ってる気がしますが(笑)
カイル・マクラクランを本気でキレさせたら怖そうです。


※「ママと恋に落ちるまで」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話