前回、フォニックスの発音ルールにあてはまらない単語が約25%あり、
それらは「サイトワード(Sight Words)」と呼ばれていて、
基本的に規則性がないため、
覚えるしかないものだということを知りました。

それではそのサイトワードとは、どんなものなのか?

まずは、こちらの表をご覧ください。
サイトワード全220語のリストです。
(そのままプリントアウトできます)

http://bogglesworldesl.com/dolch/DolchMasterList.doc

表の左端から、難易度順に5段階に分かれています。

Pre-primerが一番易しいレベルなのですが、
こうして眺めてみると、どれもよく使う単語ばかりで
ほとんどが私たちが高校までに
習っている単語ばかりのように思います。

ちょっと、ホッとしましたね(^^;)

・・・・・。

ところがホッとしたのもつかの間(?)、
フォニックスにはもう一つのルールがあったのです。

それは「サイレントe」と呼ばれるものです。

フォニックスでは “a” は「ェア」と発音します。

だから”cap”は、

c「ク」+ a「ェア」+ p「プ」= cap(帽子)

となります。

しかし、”cap” の最後に “e” がつくと “cape”。

c「ク」+ a「エイ」+ p「プ」+ e(発音しない)= cape(岬)

なんと、”a” (母音)の発音が
通常のアルファベットの音に変わります。

そして、語尾の “e” は発音しません。

これが「サイレントe(または、マジックe)」と呼ばれるルールです。

そして結構この「サイレントe」が当てはまる単語もたくさんあり、
例えば・・・

・hat → hate
・win → wine
・cut → cute
・bit → bite

どうでしょうか、どれも語尾に “e” が着くだけで
発音の仕方も意味も、ガラッと変わりますね!

フォニックス、サイトワード、サイレントeと、
3つの発音にまつわるルールについて調べてみましたが、
私は特にこの「サイレントe」は、
なるほど面白いなあ~と感心してしまいました。

ともかくこの3つのルールを覚えておくと、
かなり全般的な発音が改善されるのではないかと思います。

フォニックスが分かると英語がもっと分かる

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」を見てみました

イメージフォニックス」という独自の方法で、簡単に、ほんの数秒でネイティブ並みのフォニックスの音をマスターする方法についても語られています。
無料でもらえるDVDというと、何だかうさんくさいとか、怪しいとかいう先入観を持ってしまいがちですが、結論から言うと、個人的にこのDVDはすごくためになりました





フォニックスって
なんですか?

フォニックスを基礎から学べる大人向けのCDつき本です。エクササイズを付属の音声CDで進めれば、ルールと発音をマスターできます。フォニックスという言葉は聞いたことがあるけれど、「でもフォニックスっていったいなに?」と思っている方、一応知っているけど正確にはよくわかっていないという方、これからフォニックスの勉強をしたいと思っている方におすすめ。



Active Phonics
(DVD付き)

フォニックス・ルールが簡潔でわかりやすいアニメーションで表現されており、フォニックスのルールを効率よく学びたい方に最適です。
人気VJ(ヴィジュアルジョッキー)小川竜朗氏のセンスが光る、見ているだけで楽しい映像です。



フォニックス
“発音”トレーニングBook

フォニックスは、英語圏の子供が学ぶ「つづりと音」のルールです。本来はつづり学習用の教材なのですが、発音を苦手とする日本人の成人学習者には効果絶大のトレーニング素材となります。 このフォニックス音に着眼し、読者の方が独学でトレーニングを行えるよう製作されたのが当本です。
付属CDと一緒に楽しく音読エクササイズを行ってください。



超速バイリンガル養成無料講座【JOY5】(無料参加者募集のお知らせ)

超速バイリンガル養成無料講座【JOY5】

毎回有料級の教材が全て無料でついてくる、大人気の無料オンライン英会話講座の新規募集がついに始まりました。今回の募集は2017年3月29日~4月12日までですので、ご登録はお早めに。
超速バイリンガル養成無料講座【JOY5】私のレビューはこちら >>

超速バイリンガル養成無料講座【JOY5】の詳細・無料参加登録はこちら >>


私の英会話教材体験記