英語・英会話にまつわるサービスや商品などを私、ノアが実際に体験した話や、レビューを独自の視点でお伝えします!

EFイングリッシュライブの英文添削

EFイングリッシュライブには、レッスンコースの中に英文添削のカリキュラムも含まれています。

オンライン英会話授業と、レッスン教材に加えて、英文添削があるというのは結構、珍しいと思います。

そこで一週間の無料お試し期間中に、この英文添削にもチャレンジしてみました。


EFイングリッシュライブの英文添削の流れと結果

EFイングリッシュライブの英文添削


EFイングリッシュライブの英文添削は、何でも好きな事を書くのではなくて、毎回レッスンコースの仕上げとして、レッスンのテーマに添った内容で英作文を作る仕組みになっており、一回当たりの文章量は200ワードと、結構なボリュームです。

これを提出すると、後日講師からの添削指導とアドバイスが書かれたメールが届きます(模範解答も見られます)。

EFイングリッシュライブの英文添削



事前の確認では、添削完了までには48時間かかるという説明だったのですが、実際には72時間ほどかかりました。

どうもこの英文添削の人気が高く、添削指導が遅れ気味になっているようです。

ですからもし無料お試しで英文添削をしたいという際には、無料体験終了の3日以上前に提出した方が良いです。

私の場合は残念ながら体験終了の2日の提出だったので、添削結果が間に合いませんでした。

それでもライティングの注意点と、スコアを記したメールは届くので、参考になりました。


EFイングリッシュライブの英文添削



24時間利用できるオンライン英会話のイングリッシュライブ。1週間無料体験中!>>


アイディーとEFイングリッシュライブを比較してみると・・・

英文添削では「オンライン英語添削[アイディー]」もとても良いサービスで、アイディーでは自由なライティングも出来るのと、リーズナブルな価格設定がウリです。

アイディーとEFイングリッシュライブの添削は、それぞれ以下のような違いがあります。

オンライン英語添削[アイディー]
(定額プラン利用の場合)
【公式】EFイングリッシュライブ
無料お試し枠 あり
7日間有効の100ポイント贈呈
(添削指導 約65ワード分)
あり
7日間、全サービス無料体験
(添削指導も体験可)
1回あたりの文章量 50 ~ 100ワード  200ワード
1回あたりの費用 233円499円 431円
特徴 一番安価なプランとして
1日50ワードの添削(1回166円)あり。
また添削指導も解説なしだと安く
自分の予算でプランを組める。
「1回あたりの費用」は
イングリッシュライブと
同程度(解説あり)を想定。
添削は、オンライン英語学校の
カリキュラムの一つとして利用可。
英作文はテーマが毎回決まっており
1レッスン終了ごとに提出の仕組みなので
実際の利用は週一回程度と想定。
「1回あたりの費用」は
添削以外のレッスン費用を
月額費用から割引いてアバウトに算出。
月最大利用回数 30回(一日一回) 4回(週一回の想定)
月額費用 4,980円 ~ 14,980円  6,900円


一概に比べられるものではありませんが、両方を体験した私の感想は・・・


EFイングリッシュライブ

  • 決まったテーマに添って英作文をするので自由度は低く、苦手な分野がテーマの時は苦戦しそう、少し宿題のような感覚
  • しかし多少背伸びして苦戦する分、頑張って続けていくと飛躍的に能力が伸びそう
  • 理論的には1ヵ月でこなすレッスンが多いほど添削回数も増えるので、費用も安くなる

オンライン英語添削[アイディー]

  • 英文の日記から一般的な英作文まで、レベルと難易度を自由に選べるので、毎日続けやすい
  • 自分の予算やレベルに応じて費用を調整出来る
  • 特定ジャンルのライティングを伸ばしたい、またはプレッシャーを感じず楽しく続けたいなら、アイディーの方が良い

こんな感じで、英文添削だけで良いという場合は、アイディーの方が利用しやすいです。

一方、EFイングリッシュライブは、レッスンの総仕上げが英作文という感じで、リスニングや文法、スピーキングなど、一通り終えてからというのが、一応の流れです。

ただ見た感じでは、他のレッスンをすっ飛ばして、英作文だけ何回も受ける、というのも可能そうで、実際、添削指導後に、指摘された間違いを踏まえて、再度英作文を提出出来る仕組みもありました。

仮にそういう使い方で毎日(30日間)英文添削を利用し続けた場合は

月額費用6,900円 ÷ 30 = 230円

200ワードの解説ありの添削が1回230円で受けられる事になります。

アイディーでは100ワードの解説あり添削が1回499円ですから、イングリッシュライブの方が文章量は2倍、コストは半額と、かなりお得です。

テーマが決まっている英作文がどんな感じかは、ぜひ一度体験して欲しいのですが、私の場合は色々調べたり、模範解答を参考にしながら、結構時間をかけて取り組みました。

なので、思っているほどホイホイ短時間では出来ない気がします(笑)。

英作文を仕上げるペースは人によって異なるでしょうから、自分はどのくらいのペースで出来そうか、一度試してみて判断されると良いと思います。

参考までに、月4回以上提出出来る、またテーマが決まっていてもOKならば、アイディーよりお得かな、というのが私の印象です。


24時間利用できるオンライン英会話のイングリッシュライブ。1週間無料体験中!>>

こちらもよく読まれています

stars 1
英会話教材のおすすめ度・人気度一覧表

趣味で・勝手に・自腹で、調査した英会話教材、これまでの私のおすすめと本音の総決算 ...

      2016/11/30

 - EFイングリッシュライブ, EFイングリッシュライブ(英文添削) ,