英語・英会話にまつわるサービスや商品などを私、ノアが実際に体験した話や、レビューを独自の視点でお伝えします!

週10分で英語が出てくるようになる「Automatic English」(期間限定で無料参加者募集のお知らせ)

ここ数年、この時期になると英語の無料教材のキャンペーンがあり、私も毎回実際に体験してご紹介しています。

新型ネイティブスピーカー養成プログラム
超速バイリンガル養成無料講座【JOY5】

Automatic English 無料キャンペーン


今年は「Automatic English」というもので、これは英日バイリンガル英語講師の山田暢彦さん(ノビーさん)が、東大式言語習得法のスペシャリスト、吉永賢一さん(ケニーさん)と作り上げた、英会話習得プログラムです。

公式サイトからメールアドレスを登録すると

・全4回のレッスン動画
・自主練用音声データ


さらにLINE登録をすると

・ノビーさんからのボイスメッセージ
・PDF版の書籍「時間をムダにしない最短英語取得法」


がもらえます。

私は第一回のレッスン動画を見たところなので、まずはその内容を言える範囲でお伝えしたいと思います。

中学英語×東大習得法=週10分だけ英語
「Automatic English」無料キャンペーン >>



ちゃんと「完全版」を見るべし!

最初にメールアドレス登録後にすぐに見られるレッスン動画は、ダイジェスト版なので、ぜひコメント欄にコメントを書き込んで、完全版を見てください

ダイジェスト版は約36分、完全版は約1時間16分あり、ダイジェスト版の倍の長さがあります。

そしてそこが一番の見どころ、動画を通じてノビーさんの実際のレッスンが受けられます

なので、ここはメンドウがらずに(笑)完全版を見てください。

Automatic English 無料キャンペーン


そして一つ、ノビーさんの解説でおお~っと思った点を紹介すると、私たちは学校で目にする

This is a pen(これはペンです)

この文章はネイティブの感覚からすると、間違いとは言えないけど、非常にヘンな文章に感じるそうです。

それはなぜかというと、

This(日本の学校では「これ」と習いますよね)

から英語のネイティブが受ける感覚を、まったく無視した文章になっているから。

ノビーさんは無料レッスン動画の中で、ネイティブの感覚だと、文章的に間違っていないにしても、This is a pen という言葉はちょっと意味が分からない。

そして this のネイティブ的な感覚、英語的な自然な使い方を教えてくれます


英日バイリンガルの視点から生まれた「日本人向け」英語習得法

この「Automatic English」では、英日バイリンガルのノビーさんならではの、日本語と英語のそうした感覚のズレについて解説してくれると共に、英語的発想で文章を組み立てるコツと練習法を教えてくれます。

Automatic English 無料キャンペーン


Automatic English 無料キャンペーン


Automatic English 無料キャンペーン


ここで登場する単語は、どれも義務教育で英語を習った人ならすぐに出てくるものばかり。

それらの「本当の意味感覚と使い方」を「日本語で」わかりやすく解説してくれるので、一度その感覚を知って、身に着けてしまえば、それ以降は今まで以上にこなれた英語、相手に伝わりやすい英語になっていくというわけです。

中学英語×東大習得法=週10分だけ英語
「Automatic English」無料キャンペーン >>



「週10分で英語が出てくるようになる」って?

そして「週10分で英語が出てくるようになる」というのは、つまり

・今まで勘違いして使っていた単語の「感覚的に正しい使い方」を理解する
・それを数分の練習で身に着ける


この合わせ技に要する時間が、週10分ということになるようです。

今回は特に、すでに意味は知っているお馴染みの単語、それも日常会話で非常によく使う単語に絞って教えてくれるので、「週10分で英語が出てくるようになる」というのも、あながちウソではないと感じています。

そして吉永さん(ケニーさん)です。

彼の役割は、今までの(主に学校での)英語教育では成果をあげられなかった人の代表(?)として、どこをどう修正していけば、より早く英語が話せるようになるか?

そこをノビーさんの補佐役として、わかりやすく教えてくれています。

Automatic English 無料キャンペーン


ノビーさんは日本人のご両親のもと、アメリカで育った方で、外では英語、家の中では日本語という環境で育ち、自然な成長に任せた言葉の習熟度では、どちらも不十分であると感じたそうです。

そこで自主的に英語と日本語の足りない部分を猛勉強ののち、現在は英日バイリンガルとして活躍されています。

つまりノビーさんは、英語と日本語、両方をトコトン勉強していて、どちらの難しさもよくわかっている方なんですね。

その経験があるので、私たち日本人に日本語で英語ネイティブの感覚を伝えることができるし、日本人が躓きやすいポイントも的確にアドバイス出来るということで、今ノビーさんの「日本人向け英語習得法」が、とても広まりつつあるようです。

Automatic English 無料キャンペーン


今回の無料キャンペーンでも、まずは日本の皆さんに、英語の考え方を日本語で的確に伝えたい、というノビーさんの思いが伝わってきます。

レッスン動画の中で、聞き役の方がこんな質問をするんです。

「自分のカタコト英語を、ネイティブの人は実際どう感じるのか?」

これについてノビーさんは、結構率直にネイティブとしての答えを述べてくれていて、私は個人的にこの答えを聞いて「この人は信用できそうだな」と感じました。

そして、カタコト英語からちょっと脱皮する具体的な方法を、きちんと教えてくれます。


無料キャンペーンは「スーパーでの試食」

また正直な話、「無料でプレゼント」というと、やっぱりちょっと怪しいとか怖いと思う気持ち、あると思います

今回のキャンペーンは、私も実際に登録して確認した上でご紹介していますので、これははっきり言えます。

変な押し売り等は一切ありません。

この先はメールで2~4回のレッスン動画が届くはずです。

Automatic English 無料キャンペーン


またおそらく、本物のレッスン(有料レッスン)のお知らせは来るかな~と思っています。

そこは彼らもビジネスではあるので、売り込みを全くしないで欲しいというのは難しいですよね。

実際内容はとても良いですし、もっと本格的に学びたいと思ったら、レッスンを受けられるという話で、例えるならスーパーの試食コーナーみたいな感じでしょうか。

食べて美味しかったら商品を買ってもよし、イマイチと思えば、ごちそうさまでした、で帰れば良いだけです。

今回の「Automatic English」は、ちょっとした試食にしては、かなり美味しかった(ためになった)ので、見てみたいという方は、ひとまず無料なので、ぜひ気軽に見てみてください。


中学英語×東大習得法=週10分だけ英語
「Automatic English」無料キャンペーン >>



こちらもよく読まれています

stars 1
英会話教材のおすすめ度・人気度一覧表

趣味で・勝手に・自腹で、調査した英会話教材、これまでの私のおすすめと本音の総決算 ...

      2019/02/12

 - Automatic English ,