今回は、なかなかネイティブの人と話す機会がない
英語の学校に行くのも事情があって難しい
という方のために、
映画DVDを利用したリスニング能力の鍛え方を紹介します。

まずはお好きな映画DVDを、
ツタヤかどこかで借りてきてください。

また、テレビで放映している映画を
ハードディスクなどに録画するのでもOKですが、
その場合、日本語字幕が入った作品を選んでください。

次に、IMSDbという、
映画のスクリプトを閲覧できるサイトから
自分の見るDVDの英語台本を検索して
出来れば印刷してください。

あとは台本を読みながら、映画を見て
気になる言い回しや、自分でも使えそうなフレーズがあれば
印刷した台本に字幕の日本語訳を書き込んだり、
アンダーラインを引いていきます。

そうやって書き込みやライン引きをした台本を
捨てずにきちんとファイリングしていけば
それはあなたの英語力を高める財産になっていくはずです。

「リスニングの勉強」として
映画をぶっつけ本番で、
英語のスクリプトなしで見るのは多くの人がやっていると思いますが
全てを聞き取るのはかなり難しいのではないでしょうか。

その点、この方法なら文章を見ながら
セリフを聞けるので、
集中すれば一度の鑑賞でも
かなりの単語を聞き取れるはずです。

また台本を見ているということは
俳優のセリフだけでなく、
演じるアクションや、心情の描写も書かれているわけですから
会話以外の動作などを表現する力も養われていくはずです。

なので順序としては、
まず自分の見たい映画の台本をIMSDbで検索して、
もし見つかったら
そのお目当ての映画をレンタルする、という流れがいいですね。

また、中には正式の台本ではなく、
下書きのようなものしかない場合もあるので
そこを注意して、作品を検索してみてください。

これは本当に楽しいので、ぜひお試しください!

あれっ?何だかいつもより英語が聞こえる・・・

null「リスニングパワー」は、従来の会話文を聞いて耳を慣らすという方法ではなく、英語と日本語の周波数に注目し、英語を聞き取りやすい耳を開発するというコンセプトで作られたリスニング教材です。

これは英文を暗記して覚えるようなものではなく、日本人が英語を正確に聞き取れない最大の要因である「英語にあって日本語にない音の周波数」を聞き取る訓練ができるというものです。
2~3週間という短期間でも効果を得やすく、そのためハリウッド進出を果たした多くの日本人俳優・女優も、英語力の強化法として「リスニングパワー」を採用しています。

私のリスニングパワー体験記はこちらをどうぞ >>

リスニングパワー詳細ページはこちらからどうぞ >>