前に、英語ニュースを読んでみる方法を紹介しましたが、
今日はそれの派生系、コラムを読んでみようという提案です。

最新の時事英語にふれるという意味では
ニュースの方が優れている気がしますが、
より楽しく読めるのは、コラムの方かもしれません。

また英語でコラムを読むと、
ネイティブと英語で話すときに、
こちらから話題を提供できるというメリットもあります。

ロイター通信、ってよくニュース番組で聞きますよね。

そのロイターのHPには「Oddly Enough」という
ちょっと面白いトピックを扱ったコーナーがあります。

http://www.reuters.com/news/oddlyEnough

そして、ロイター日本版にも「世界のこぼれ話」というコーナーがあり
本家のサイトとほぼ同じ内容の、翻訳版が読めるのです。

http://jp.reuters.com/news/oddlyEnough

英日両方の「Oddly Enough」を読み比べると
書いてある内容もすぐに把握できるので便利です。

読む順番は英語からでも日本語からでも構わないと思いますが
おすすめは英語版を先に読んでみることです。

その時は

二度読み(返り読み)をせず、文章をブロック分けで読んでいく

ということを意識してみてください。

最初はそういう読み方だと、
書いてあることの半分程度しか分からないかもしれませんが
毎日続けていくと、文脈から内容を推測する力がついてきて
読むスピードと理解力が上がっていくのが実感できると思います。

ロイターにはもちろんニュースもあるんですが、
英語版と日本語版では、あまり内容が連動してないので
翻訳版も読んでみたいという場合には
「Oddly Enough」の方が適していると思います(^^)

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記