英語に限らず日本語でも何語でも、言葉とはその国の人々が意思疎通するための道具ですから、本来、好きも嫌いもないはずです。

でも私の場合は「英語が好き」、私の友人の一人は「英語が嫌い」と言う。

これは良く考えればどちらのヘンなわけで、それらが本当に意味するところは

「英語が好き」→ 英語を話すことで得られる刺激や楽しさが好き
「英語が嫌い」→ 英語の学習が苦痛だし興味がない


ということかと思うんです。

しかし他の言語ならともかく、おそらく日本人はこれからどんどん英語を話す必要に迫られていきます。

すでに好きだの嫌いだの言ってられない時代に入っています。

「英語が嫌い」という人は、学校での授業にうんざりした人が大半、というか私の友人はそうみたいで、受験に向けた詰め込み式の英語学習に、本当に辟易したというのです。

気持ちはすごく分かりますが、この理由は実は英語とは全く関係なく、ただ学校の英語の授業が嫌いだった、苦痛だった、と言っているわけです。

英語そのものが嫌い、というのは誤解かもしれないということです。

だからもう一度、試してみると良いです。

大人になってから英語の学び直しをする際は、既存の学習サービスか英語学校か、こちらがどれでも方法を選ぶことが出来ます。

さらに今どき、詰まらない教え方をする学校やサービスなど、そうそうありません。

もし学生の頃と変わらないような詰まらないレッスンをされたら、今の私たちには席を立つ自由があります。

そして学習コンテンツを提供する側は、そうならないように必死で楽しいレッスンを提供してくれています。

ですからもし今からやろうという気持ちさえ持てれば、学生時代とは全く違う楽しいレッスンで、英語ともう一度仲良く出来るんです。

本当は、あなたが嫌いなのは英語ではなく、面白くない英語の授業やテストだった、ということです。

私が自分の実感として思うのは、外国語が少しでも分かることはすごく楽しいし、その言語が分からない人より得をしている、ということです。

そんな事は、ほんの少しの差異かもしれませんが、これが5年10年と積み重なったらどうでしょう?

人が生まれてきたら、何かしらの言葉を使います。

毎日意識せずに使っている日本語を嫌い、と思ったことはありますか?

英語だって同じことだと思います。

「英語を嫌い」と感じる方は、本当に嫌だったのは果たして英語なのか、それとも英語にまつわる苦痛な思い出なのか、少し考えてみてください。

多分、英語には何の罪もないと思うんです(笑)。

確かに当時は、苦痛な方法でしか英語と触れるチャンスがなかったかもしれません。

でも今はもっと別の方法、別の角度から英語に触れることができます。

その時の英語は、きっと昔とは全く印象が違って、めちゃくちゃ楽しいかもしれませんよ。

年末年始は気持ちをリセットして楽しく英語と触れ合うチャンスです。

2019年は、英語が好きなあなたになっていますように。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記