東京英語村は、東京都と(株)学研ホールディングスや博報堂などが組んで、東京都江東区青海に作った英会話の実践施設で、通常は就学前の子供や学生の体験学習の場として運営されているところです。

この「東京英語村」が来年2月に、一般向けの体験学習の実施を発表し、今は予約を受け付け中です。

施設内は航空機内やスーパー、レストランなどが撮影セットのように作られていて、入場者はそこで、それぞれインストラクターから提示されたミッションを英語でクリアしていくという、テーマパーク的な楽しさを味わいながら、英語に慣れ親しむ場所となっています。


ここで体験するミッションは、どれも実際に海外に出れば遭遇すると思われる状況で行われるため、本当に外国に出る前の予行演習のような感じです。

レベルによってミッションにも違いがあると思いますが、例えばレストランでメニューを見ながら注文しようとか、おすすめ料理を尋ねてみるとか、そういった課題が振り分けられて、英語だけでそれに対応していくわけです。

費用は2月の一般募集では、一人あたり4,500円で2時間のプログラムとなっており、まあ映画2本分というところでしょうか。

参加者8人につきインストラクターが1人つき、2時間みっちり英会話となります。

公式HPで写真を見てもらえると分かりますが、ものすごい綺麗で(フリートークのスペースなど)豪華です。

ここで学べるのは英会話加えて、金融投資(高校生・大学生対象)、チアリーディング、プログラミングなど、すべて英語で行われる学習プログラムも用意されています。

昔、学校で「社会科見学」というチャーターしたバスに乗って出かける遠足みたいなものがあって、私たちの時代は映画を見に行ったんですが、最近はこういう場所に行くのかもしれませんね。

基本的には教育関係者が子供たちを引率して連れて行くところみたいで、今回の一般向け体験は、なかなかレアな催しかもしれません。

まだいくらか空きがあるようなので、自分の力を試したいと言う方は、お出かけになってみてはどうでしょうか?


東京英語村

もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記