中学生のころ、洋楽にドン嵌まりして
誰も見もしない、何の役にも立ちそうもない
好きなグループの曲の英詞をせっせとノートに書き写して楽しんでいたころ、
「何やってんの?」
「それって面白いの?」
と、クラスメイトからたま~に聞かれたものです。

こちらは楽しかったので大きなお世話(笑)なんですが、
傍から見れば、もっともな疑問です。

それから別々の道を進み、10年後くらいに電車内でバッタリ、
そのころのクラスメイトと会ったことがありました。

「あのころ、よくワケの分らない英語を書き写してたよね、
英語、まだ続けてるの?

そう聞かれた私、実はそのころ英語からは遠ざかっていました。
毎晩のように友達と飲み歩くのが楽しくて、好きな人もできたりして、
英語どころではない忙しさだったのです。

「ううん、今はやってない」

と私。

「そっかぁ、まあ働き出したら忙しいもんね。
でも何かやめちゃって、もったいなかったよね

と言われました。

このとき私は、英語をやめちゃったと受け取られたこと
ちょっとショックでした。
今はやってないけど、英語は相変わらず好きであり、
私の中では終わってないこと、だったからです。

考えてみれば世の中、
ある人が一時期、夢中になってやっていたことを、
ある時からしなくなったのを見て
「やめたのか」
「飽きっぽい、三日坊主だ」
という見方をされることも多いものです。

で、よく英語なんかもテキストや教材を買ってやってみて、
分らないところが出てきて、つまづいたりすると、
いつの間にか、テキストも教材もほっぽり出しちゃって、
それを買ってくれた両親に怒られたり、
またはせっかく買ったのに、結局出来なかったと自己嫌悪に陥る・・・
ということがあると思います。

でもこういうことで英語を嫌いになったり、
苦手意識を持ってしまうのは、ちょっともったいないかなあと
私は思います。

というのも、母国語が日本語である私達にとって、
英語の勉強・英会話の習得には、明確な終わりなどないからです。
しいて言えば、自分がよしと思ったレベルがゴールでしょうか。

終わりのない、ゴールのないマラソンをちょっと休んだからと言って
そんなに落ち込む必要なんか、あるでしょうか。

もちろん対外的には、
つまりこの場合お金をムダにさせてしまった(と感じている)両親には
「そうでしたね、ごめんなさい」という態度を示した方がいいでしょうが
だからと言って、英語マラソンを棄権したことにはなりません。

1ヶ月、3ヶ月、半年、1年・・・ブランクがあくこともあると思います。
実際、私も2~3年、
一切英語をやらなかった時期があります。

人それぞれの、日々の生活の中で英語に取り組もうとしているわけですから
英語から遠ざかる期間があっても、
それはやめたのではなく保留中、休憩中なんだと考えて
飽きっぽいからやっぱり自分には無理だったとか、
モノになるまで続ける自信がないとか、
そんな風に思って、英語から離れることはないと思います。
それをしちゃうと「棄権」になります。

初めに猛ダッシュして途中で息切れするより、
休みながらでも進むことを止めない方が、
結果的に遠くまで行けるんじゃないでしょうか。

スピードラーニングを私も試してみました

あなたも恐らくCMなどで「聞き流すだけ」でいいと言われても

・本当かな?
・英会話がそんなに簡単なわけがない
・忙しい自分にもできるのかな?
・言ってることがウソだったら嫌だな

という気持ちをもたれているのではないでしょうか?

そんな方のために、私が試聴CDを聞いて感じたこと、この教材が向いている方、向いていない方についてなどの感想をまとめています。よろしかったらどうぞご覧ください。

私のスピードラーニング体験記はこちらをどうぞ >>

スピードラーニング公式ページはこちらからどうぞ >>




EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


私の英会話教材体験記