若いころ、ある会社で働いていた時に、日本語の堪能なアメリカ人の上司がいて、その方の話す日本語が本当に美しく聞きやすく、こんなに耳障りの良い日本語を話す外国人がいるのかと、内心驚いていました。

更に興味深いことに、その方の母国語(英語)もまた非常~に美しい、落ち着いた口調で聞きやすいのです。

それから注意深く他の同僚たちの会話も聞いてみると、母国語を話している時と、外国語を話している時、その印象はとてもよく似ていることが分かりました。

考えてみれば当たり前かもしれませんが、母国語は大事にした方がよい、外国語の時は急に別人格ということはあり得ず、話し方や響きはそのまま受け継がれるからです。

普段から深く考えて話す人、パッとひらめきで話す人、これはそのまま外国語でもそうなるようです。

大阪のおばちゃんがもし英語を話したら、めっちゃ喋りまくるでしょうし、アメちゃんいる?(Do you want some candy?)もきっと言うと思います(笑)。

意識しなくても、人柄が結構出る気がします。

前述のアメリカ人上司は優秀な経歴をお持ちで、もちろん、それをご自分からひけらかす事はありませんでしたが、もう話しているのを聞いているだけで、優秀さが伝わってくるような方でした。

これは逆に考えれば、普段からおバカなことを言ったりやったりしているなら、それも多分伝わってしまうだろうということで、ただでさえ不自由な外国語では、おそらく隠しようがありません。

特別丁寧な言葉を意識しなくてもよいでしょうが、やはりなるべく響きのよい英語を話したいと思えば、日本語の言動にもそれなりに気を配る必要があるんじゃないかなと、そんな風に思います。

おまけにこの上司さんは、服装もいつもセンスが良く、不機嫌なところを見たことがありませんでした。

あんな風になれたらいいなと思う間に、その頃の上司さんの年齢を超えてしまいました、トホホ・・・。