カナダのバンドSimple Planが、ナターシャ・ベディングフィールド(Natasha Bedingfield)と放った2011年のヒット曲です。
遠距離恋愛を描いた曲なので、そういう状況にある方には使える表現がたくさんあるんじゃないでしょうか。
それと非常にリスニングしやすい曲です。1、2回聞けばほぼ全ての単語が苦労なく聞き取れると思います。



What time is it where you are?
君のいるところでは今何時?

I miss you more than anything
何よりあなたが恋しいわ

Back at home you feel so far
こっちに戻ると君を遠く感じるよ

Waitin’ for the phone to ring
電話が鳴るのを待ってるの

It’s gettin’lonely livin’upside down
昼夜逆さまの生活がさびしくなってきたよ

upside downは「逆さまに、転倒して、ひっくり返って」。また目玉焼きの両面焼きも、upside down と言います。

I don’t even wanna be in this town
もうこんな街にもいたくない

Tryin’ to figure out the time zones makin’ me crazy
いつも時差を気にしなきゃならないなんて、気が狂いそうだよ

figure outは「解決する、理解する」。他にも「都合をつける」というような意味があります。時差を考えて電話する時間などを都合しなきゃならない、といった感じですね。



You say good morning
君は「おはよう」って言う

When it’s midnight
僕の方では夜中なのに

Going out of my head alone in this bed
一人きりでベッドに入ると気が狂いそうになる

I wake up to your sunset
君のところで日が沈むころ、僕は朝を迎える

And it’s driving me mad
すれちがいがもどかしい

driving me mad も「カッカさせる、いらいらさせる、気が狂う」というような意味です。
crazy とか、going out of my head とか、さっきから狂ってばっかりいるみたいですが、恋をしてる時はそんなもんか(笑)。もう遠すぎて忘れてしまった・・・(^^;)

I miss you so bad
君が死ぬほど恋しい


And my heart, heart, heart is so jetlagged
僕のハートは時差ボケなんだ

jet lagはご存知「時差ボケ」ですね。

Heart, heart, heart is so jetlagged
ハートがひどいジェットラグだよ

Heart, heart, heart is so jetlagged
ハートがひどいジェットラグだよ

So jetlagged
ひどいジェットラグ


What time is it where you are?
あなたのいるところは今何時かしら?

Five more days and I’ll be home
あと5日で家に帰れるよ

I keep your picture in my car
あなたの写真を車に飾ってるのよ

I hate the thought of you alone
君が一人ぼっちだと思うとたまらないよ

I hate the thought of~「~と思うと嫌でたまらない」といった意味です。alone は「一人、孤独」ですから、彼女を孤独にさせているのが嫌でたまらない、というわけです。

I’ve been keepin’ busy all the time
私はいつも忙しくしているの

Just to try to keep you off my mind
あなたのことをなるべく思わないようにするためよ

Tryin’ to figure out the time zones makin’ me crazy
いつも時差を気にしなきゃならないなんて、気が狂いそう


※1
You say good morning
君は「おはよう」って言う

When it’s midnight
僕の方では夜中なのに

Going out of my head alone in this bed
一人きりでベッドに入ると気が狂いそうになる

I wake up to your sunset
君のところで日が沈むころ、僕は朝を迎える

And it’s driving me mad
すれちがいがもどかしい

I miss you so bad
君が死ぬほど恋しい


※2
And my heart, heart, heart is so jetlagged
僕のハートは時差ボケなんだ

Heart, heart, heart is so jetlagged
ハートがひどいジェットラグだよ

Heart, heart, heart is so jetlagged
ハートがひどいジェットラグだよ

So jetlagged
ひどいジェットラグ


I miss you so bad (×5)
死ぬほど恋しい

I wanna share your horizon
同じ眺めを分かち合いたい

horizon は「水平線、地平線」といった意味ですが、君の地平線を分かち合いたい=同じ眺めを分かち合いたい、と解釈しました。

I miss you so bad
死ぬほど恋しい

And see the same sunrising
同じ日の出を2人で見たい

先の歌詞にもありますが、日が昇るのも沈むのも同じ地平線がいい、同じ場所で過ごしたい、ということですね。

I miss you so bad
死ぬほど恋しい

Turn the hour hand back to when you were holding me.
時間を戻して、私を抱きしめてくれたあの時に

turn back は「引き返させる」。時計の針をぐぐっと手で押し戻して、幸せだった時間に戻りたい、という風に解釈しました。


(※1 くりかえし×2)


(※2 くりかえし)



1. Going out of my head:気が狂ったような
2. driving me mad:カッカしてくる、いらいらする
3. hate:ひどく嫌う、憎む
4. thought of:意向、考え
5. horizon:地平線、水平線、視野、展望
6. turn back:引き返させる、(もとへ)折り返す


あれ?英語が何だか前よりよく分かる・・・!

null「リスニングパワー」は、従来の会話文を聞いて耳を慣らすという方法ではなく、英語と日本語の周波数に注目し、英語を聞き取りやすい耳を開発するというコンセプトで作られたリスニング教材です。

これは英文を暗記して覚えるようなものではなく、日本人が英語を正確に聞き取れない最大の要因である「英語にあって日本語にない音の周波数」を聞き取る訓練ができるというものです。
2~3週間という短期間でも効果を得やすく、そのためハリウッド進出を果たした多くの日本人俳優・女優も、英語力の強化法として「リスニングパワー」を採用しています。

私のリスニングパワー体験記はこちらをどうぞ >>

サンプル音声が聞ける、リスニングパワー詳細ページはこちらからどうぞ >>