ここしばらくかかりっきりで、
「リスニングチェッカー」というものを作っていました。

リスニングチェッカーとは、海外ドラマ1話分のセリフのうち、
一体何割が聞き取れたかを計る仕組みのことで
聞き取れた率(または聞き取れなかった率)が
パーセンテージで分かるようになっています。

また全てのセリフの英文と、日本語訳も見られるようになっていますので
ただ読んでいくだけでも、いくらか勉強になるのではと思います(^^)

今回、題材として選んだ作品は「Sex and the City」です。

「Sex and the City」を選んだ主な理由は

・1話が30分と短い
・セリフとナレーションが多い
・面白い言い回しが多い


という点です。

ドラマの構成自体が、主人公キャリーのナレーションと
登場人物たちの会話で進むようになっているので
時間は30分ですが、会話文はぎっしり詰まっています。

またセリフをじっくり見ていくと、意外に難しい単語が少ないことに気づきます。

体感的にはリスニングの難易度としては中級、
TOEICだと600点前後くらいではないかと思います。

いま、シーズン1を始めたばかりですが、
これから少しづつ追加していって、最後まで完成させていきます。

あまり男性にはウケないドラマのようですが
英会話の練習材料としては、なかなか使えるドラマだと思いますので
よろしかったら一度、覗いてみてください(^^)

Sex and the Cityでリスニングを鍛えよう!

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話