誰もが知っている昭和の歌姫、美空ひばりさん。

若い人からすると、演歌の人、昔の人、という印象かもしれませんが
実はひばりさん、ジャズの名曲も歌われているんです、英語で。

そしてこれが実にうまいんです。
歌ももちろん、英語の発音が。

でも実はひばりさんという人は、
英語はもちろん自分の曲の楽譜すら読めない人だったそうです。

しかし耳が非常に良く、
聞いた音を正確に発音し、歌える人だったんですね。

私は常々思うんですが、
総じて歌のうまい人は英語の発音が良い人が多いんです。

芸能人で言うと前述の美空ひばりさん、ドリカムの吉田美和さん、
平井堅さん、JUJUさん、AIさん・・・
たくさんいます。

私なりに考えてみると、
彼らの共通点は、音階も含め、音を正確に聞き取る耳の良さと、
それをその通りに発音する能力が高い人たち、ということになります。

こうした2つの能力を兼ね備えた人たちというのは、
全くの独学で英語を勉強しても、
かなりのレベルに達することが出来るように思います。

なので、もしあなたがカラオケで歌が上手いと褒められる人なら
英会話でも、結構イイ線いくんじゃないでしょうか?

そして次に、おそらく最も多いだろうと思われるのは
耳は良いけど、発音が追いつかないというパターンです。
カラオケで言うと、音程はそれほど外さないけれど、
自分がイメージしているほど上手く歌えないタイプ、
つまり普通の人です。

自分も含めて、このタイプの人が
大人になってから英会話を始める場合、
あまり厳密に発音にこだわらなくていいんじゃないかと思っています。

実は私も割りと耳は良い方らしく、
とあるゲームで最高得点をたたき出したことがあります。
それは同時に複数の方向から話しかけられ、
どの方向の人が何と言ったかを当てるというゲームだったのですが、
それの最高レベルをクリアしたことがあるんです。

ほんのお遊びで、しかもゲームセンターのゲームだったので
あまりアテにはなりませんが、
それでも4人でトライして、最高レベルをクリア出来たのは私だけだったので
多分、耳は悪くないんだと思います。

ただし、歌はうまくありません。
オンチではないと思いますが、誰が聞いてもショボイ歌声です(笑)。

そしてこれらのことを自分の英語体験にあてはめてみると、
実に納得できるものがあります。

すなわち
ヒアリングは得意な方だけど発音がイマイチ
という、ロンドンの語学学校で
先生からしょっちゅう指摘されていた事実にぶち当たるのです。
この事実はTOEICの結果にも、見事に反映されています。
私の場合、ほとんどリスニングで点数を稼いでいるのです。

そして、これを言うと身も蓋もないかもしれませんが、
大人になってから、発音をネイティブ並みに良くしようと思うなら
正直な話、美空ひばりさんくらいの
耳の良さと発音能力が必要なんじゃないかという気がします。

もちろん、特別なレッスンを受ければ可能かもしれませんが、
私たちが自分の出来る範囲で英語力を磨くのであれば、
ネイティブ並みの発音は、かなりのハードルだろうと思います。

ならばそれよりも、
発音の方は相手が理解できるレベルであればよしとして、
リスニング力を磨くなり、
ボキャブラリーを増やすなりすればいいんじゃないかと、
個人的には思います。

発音は良いに越したことはないでしょうが、
なまりの強い英語で活躍している人だって、
世界中にゴマンといるのですから、
あなたの英語や私の英語が、
ちょっとばかりなまっているからと言って、
何を恥じることがあるんでしょう?

・・・というくらいの気持ちでOKだと思いませんか(笑)。

スピードラーニングを私も試してみました

あなたも恐らくCMなどで「聞き流すだけ」でいいと言われても

・本当かな?
・英会話がそんなに簡単なわけがない
・忙しい自分にもできるのかな?
・言ってることがウソだったら嫌だな

という気持ちをもたれているのではないでしょうか?

そんな方のために、私が試聴CDを聞いて感じたこと、この教材が向いている方、向いていない方についてなどの感想をまとめています。よろしかったらどうぞご覧ください。

私のスピードラーニング体験記はこちらをどうぞ >>

スピードラーニング公式ページはこちらからどうぞ >>




EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


私の英会話教材体験記