インシンクは、日本でも大人気になったアメリカのボーイズ・グループで
彼らの代表的なアルバムが、
2枚目の“No Strings Attached”です。

まずこのタイトルはどんな意味かと言うと、
直訳すると「紐はついてません」。

ジャケット写真は、あやつり人形に扮したメンバー達ですが
「自分たちについてる紐はもうないよ」
と言っています。

つまりデビュー以来、自分たちは周りの環境にコントロールされ
あやつり人形のように行動してきたけれど、
これからはもう違うよ、という意味が込められていると
メンバー自身が語っています。

しかしここにはもう一つ、
別な意味合いが込められているように思います。

というのは、デビューアルバムから、
この2枚目の“No Strings Attached”をリリースするまでの間に、
実はN Syncは、マネージャーとの金銭問題に端を発した訴訟を抱えていて、
やっとそうしたゴタゴタが片付いて、リリース出来たアルバム ――
“No Strings Attached”(面倒事は一切無いよ)
というもう一つの意味ともとれるからです。

“no strings attached”は、
紐がついてない = 何の条件もつけません、というような意味で
無料プレゼントを配る際などに、
「条件なし、掛け値なしにタダですよ(だから心配しないで)」
というようなニュアンスで使います。

また人間関係においては
「何の約束もしていない関係」をあらわす時などにも使われます。
例えばデートはしているけれど、
きちんとした告白や約束などはなく
お互い束縛されたくはない、ちょっと曖昧な関係・・・
といった感じでしょうか。

ですからよく独身、という意味で singleを使いますが、
“not attached”も、独身・特定の相手がいない、という意味になります。
(誰にも)紐づけされていない、いうイメージでしょうか。

そういえば日本でも、偶然でしょうか、
結婚相手とはお互いの小指が赤い糸で結ばれていると言いますよね。
「紐」が人との縁も表すという、面白い一致ですね。

スピードラーニングを私も試してみました

あなたも恐らくCMなどで「聞き流すだけ」でいいと言われても

・本当かな?
・英会話がそんなに簡単なわけがない
・忙しい自分にもできるのかな?
・言ってることがウソだったら嫌だな

という気持ちをもたれているのではないでしょうか?

そんな方のために、私が試聴CDを聞いて感じたこと、この教材が向いている方、向いていない方についてなどの感想をまとめています。よろしかったらどうぞご覧ください。

私のスピードラーニング体験記はこちらをどうぞ >>

スピードラーニング公式ページはこちらからどうぞ >>