ホワイトカラー シーズン3 第13話より:

line is dead
電話線が切れている


ピーターとニールが調べを進めていくうちに
ライアンズの犯罪計画が徐々に見えてきた。

それは電話線を故意に切断し、電話会社の工事員を装って、高級ホテルに侵入、
ホテルの金庫の現金を強奪するというものであった。

早速ピーターとニールはターゲットと思しきホテルに急行し
警備主任と話をするという場面です。

Is anyone from the phone company here right now?
今、電話会社の人が来てませんか?(ニール)

Yeah.
ええ。(警備主任)

But my assistant already spoke to them. Their credentials check out.
しかし部下が彼らに面会していますし。彼らの身分もチェック済みですよ。(警備主任)

Pick up your phone.
電話を取ってみてください。(ピーター)

Line is dead.
電話線が切れてる。(警備主任)

Jones, bring the team to the Drakemore Hotel.
ジョーンズ、ドレイクモアホテルに応援を頼む。(ピーター)

The robbery is taking place here.
強盗だ。(ピーター)

(中略)

There’s a gem convention in town.
宝石の販売会がありまして。(警備主任)

A lot of our guests wanted us to keep their cash in our strong room.
お客様の現金をお預かりしてるんです。(警備主任)

Our safe is impregnable.
うちの金庫は破れませんよ。(警備主任)


credential は「証明書、保証書」。

そして line is dead は直訳すると「線が死んでいる」ですが
この line は電話線を指していて、それが「死んでいる(壊れている)」ということで
「電話線が切れている」となります。

take place「(事件などが)起こる、(催事等が)開催される、行われる」。

gem「宝石、(宝石のように)貴重なもの」。

convention「大会、集会、会議、総会」。

“コミコン”の“コン” は、convention の con、
「漫画などの大衆文化に関するコンベンション」ということで
毎年サンディエゴで開催されるのが有名ですね。

strong room「金庫室、貴重品室」、
“強い部屋”で「金庫」、なるほど~面白いですね(笑)。

impregnable「難攻不落の、動じない、負けない」。

pregnable「征服できる、占領しやすい、弱みのある」に、
否定を表す im- がついて逆の意味になる形です。

さらに「~の人、~の状態」を意味する接尾辞 ant が加わると pregnant「妊娠した」、
直接的な訳では「征服・占領状態」という意味なんですね。

確かに赤ちゃんが宿ると約10ヶ月、お腹を占領されるわけなので
これまたなるほどなあ~と気がします。

2週間で発音の改善効果を実感「成功英語 発音の3ステップ」

null「成功英語 発音の3ステップ」は、作家・実業家としても知られるジェームス・スキナー氏が開発した、最短2週間でネイティブのような発音を身につけるための教材です。

実はこの「成功英語」は一風変わったメソッドで、スキナー氏考案の独自の発音記号を元に練習を進めるのですが、この発音記号が、ちょっとした発明と呼べるほど出来が素晴らしく、そのおかげで従来の発音練習に比べて、非常に少ない手間と時間で美しい発音が身につくよう設計されています。
実際に私自身も、1日10分の練習を10日間、正味100分程度の練習で、発音が改善されたという実感を得ています。

この教材は特に12歳以上の大人の方、一般的に耳から英語を聞いても、正しい発音を身につけるのが難しいとされる年代の方にこそ、おすすめです。

私の「成功英語」体験記はこちらをどうぞ >>

成功英語 発音の3ステップ 詳細ページはこちらからどうぞ >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話