カッパドキアとパムッカレへの旅を手配しようと、
ある旅行代理店に目をつけた私でしたが
その理由は単純で、
どうやらトルコ人以外の、
おそらくドイツ人がやっていそうなところだったからでした。

実はトルコに来て以来、トルコの人たちの商売熱心さ、
言いかえるとしつこさに、内心辟易していたのです。

彼らは確かに日本人に好意的な感じだし、
人なつこいというか、話しやすい雰囲気があるのですが
少し話を聞くと、もうちょっとやそっとでは開放してくれないような
これでもかと踏み込んでくるような強引さも感じていました。

情の深さ、親切さも伝わってくるものの
毎度毎度では疲れてしまうのが本音でした。

ですからもう少しサラっと、
値段もあまりふっかけてこなさそうな所で
旅の手配をしたかったわけです。

null

スルタンアーメットから眺めるモスク(wikipediaより引用)

トルコはドイツと政治的・経済的に縁が深いようで、
街を歩いていると、イスラムの国にしては意外に思えるほど
ヨーロッパ系の人たちを多く見かけます。

そしてそんなヨーロッパ系の人たちが
何度かその代理店に出入りするのを見ていたので、
おそらく彼らが経営しているのだろうと考えたのです。

「さて、行ってみますか・・・」

若干緊張しながらドアを開けると
20歳そこそこくらいのトルコ人の女性が、
にこやかに迎えてくれてくれました。

私がカッパドキアとパムッカレに行きたいのですが、
と伝えると、
「今係りの者が参りますので、お待ちください」
と、カウンターに案内してくれて、チャイを出してくれました。

チャイを飲みながら
端に置いてあったパンフレットをパラパラめくっていると、

「Hello, Can I help you?」
と、トルコなまりの英語が聞こえました。

あれ?と思い振り向くと、
スーツを着込んだ、私と同じ年くらいのトルコ人男性が立っていたので
私は内心「ミスったか」と思いつつ、
国内旅行の手配をしたいと伝えました。

すると彼は
「OK。でも今ボスが留守なので、明日の朝来てもらえませんか?」
とのこと。

ああ、じゃあそのボスがヨーロッパ系の人なんだろう、と納得したので
「分りました、じゃあまた明日来ます」
と、しつこいオファーが始まる前にさっさと帰ろうとすると、
「Where are you staying now?」
と聞いてきます。

「Why?」
と返すと、
「If you’re staying cheap hotel,
I can offer you a better hotel at the same price.」

今払ってる部屋代と同額で、もっといいとこ紹介できるよ、
というわけです。

ハイハイそう来たか・・・と思いつつも興味がわき、
一応ドミトリーで700円だけど、もう連泊分のお金も払ってある、
と伝えてみました。

すると

「If you want to stay a better hotel, I can talk to the maneger.
I may know him. Where is your hotel? 」
(もし君がもっといいホテルに移りたいなら、僕が話をつけてあげるよ。
知り合いかもしれないし。どこに泊まってるの?)

と食い下がります。

さてどうしたものか・・・
あなたならこんな時、どうしますか?

(次回に続く)

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを開始しました!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、これまでも突然終わることが多かったので、以前から気になっていたという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


私の英会話教材体験記