誰もが知っている昭和の歌姫、美空ひばりさん。

若い人からすると、演歌の人、昔の人、という印象かもしれませんが
実はひばりさん、ジャズの名曲も歌われているんです、英語で。


そしてこれが実にうまいんです。
歌ももちろん、英語の発音が。




でも実はひばりさんという人は、
英語はもちろん自分の曲の楽譜すら読めない人だったそうです。

しかし耳が非常に良く、聞いた音を正確に発音し、歌える人だったんですね。

歌が上手い人は英語の発音が良い

私は常々思うんですが、
総じて歌のうまい人は英語の発音が良い人が多いような。

芸能人で言うと前述の美空ひばりさん、ドリカムの吉田美和さん、
平井堅さん、JUJUさん、AIさん。

また最近ではOne Ok Rock のTakaさんとか、森崎ウィンさんとか。

上記の人たちは全員、歌が上手いんですよね。

特にTakaさんは、アメリカに進出してからものすごく英語がうまくなっていて驚きです。



美空ひばりさんは、子供ころから天才と言われていましたが、
Takaさんのご両親もご存知の通り、昭和を代表する大歌手のお二人です。

耳と発声の連携が優れている、聞いたままに音を発する再現力の高さを
やっぱり受け継いでいるんだろうなあと感じます。

歌が上手いって、そういうことですもんね。

また森崎ウィンさんの方は、お祖母さんが英語の先生だった関係から
子供時代にネイティブの発音をよく聞かされ、いつも英語の曲を歌わされていたとか。

・ZOZO前澤社長と森崎ウィン君の英語力



なので恐らく幼いころからの蓄積と、ご本人の耳と音感の良さ、
そして努力で後天的に英語力が開花させたのかなあと感じています。

彼は一生懸命、自分の言葉で話そうとする熱意が感じられて
そこが素敵だし、見習いたい姿勢だと思います。

耳は良いけど発音は・・・?というのが普通の人

上記の方々を参考に、私なりに考えてみると、
彼らの共通点は、音階も含め、音を正確に聞き取る耳の良さと、
それをその通りに発音する能力が高い人たち、ということになります。

こうした2つの能力を兼ね備えた人たちというのは、
全くの独学で英語を勉強しても、かなりのレベルに達することが出来るように思います。

なので、もしあなたがカラオケで歌が上手いと褒められる人なら
英会話でも、結構イイ線いくんじゃないでしょうか?

そして次に、おそらく最も多いだろうと思われるのは
耳は良いけど、発音が追いつかないというパターンです。
カラオケで言うと、音程はそれほど外さないけれど、
自分がイメージしているほど上手く歌えないタイプ、
つまり普通の人です。

自分も含めて、このタイプの人が
大人になってから英会話を始める場合、
あまり厳密に発音にこだわらなくていいんじゃないかと思っています。

実は私も割りと耳は良い方らしく、
とあるゲームで最高得点をたたき出したことがあります。
それは同時に複数の方向から話しかけられ、
どの方向の人が何と言ったかを当てるというゲームだったのですが、
それの最高レベルをクリアしたことがあるんです。

ほんのお遊びで、しかもゲームセンターのゲームだったので
あまりアテにはなりませんが、
それでも4人でトライして、最高レベルをクリア出来たのは私だけだったので
多分、耳は悪くないんだと思います。

ただし、歌はうまくありません。
オンチではないと思いますが、誰が聞いてもショボイ歌声です(笑)。

そしてこれらのことを自分の英語体験にあてはめてみると、
実に納得できるものがあります。

すなわち
ヒアリングは得意な方だけど発音がイマイチ
という、ロンドンの語学学校で
先生からしょっちゅう指摘されていた事実にぶち当たるのです。
この事実はTOEICの結果にも、見事に反映されています。
私の場合、ほとんどリスニングで点数を稼いでいるのです。

「普通の人」はどこまで発音を追求すべきか?

そして、これを言うと身も蓋もないかもしれませんが、
大人になってから、発音をネイティブ並みに良くしようと思うなら
正直な話、美空ひばりさんくらいの
耳の良さと発音能力が必要なんじゃないかという気がします。

もちろん、特別なレッスンを受ければ可能かもしれませんが、
私たちが自分の出来る範囲で英語力を磨くのであれば、
ネイティブ並みの発音は、かなりのハードルだろうと思います。

エンターテイメント業界にいる歌手や役者さんであれば
美しい発音は必須でしょう。

何を言っているのか、はっきりクリアに観客に伝わらないと、仕事になりません。

しかし普通の人が、どこまで発音を追及すべきかと考えると
完璧を目指す必要があるのかどうか?

読む、書く、聞く、話す・・・ただでさえやる事は多いのです(笑)。

ならば、発音の方は相手が理解できるレベルであればよしとして、
リスニング力を磨くなり、ボキャブラリーを増やすなりすればいいんじゃないかと、
個人的には思います。

それともう一つコツとしては

スムーズに話そうとし過ぎない、ゆっくり話す

これです。

上記の動画、Takaさんとか、ウィンさんとか見ていると、
話すスピードが結構速いですよね。

恐らく短時間でたくさんの情報を伝えようとしてくれているんだと思いますが
例えば「猫のしっぽ カエルの手」でおなじみのベニシアさん、
英国貴族階級出身の彼女の英語はそんなに速くありません。

・「ベニシアの言葉の宝物」はゆったりと美しい英語の宝庫

彼女の話し方は結構、真似できると思いますし
スピードもゆったりですから、単語の発音も丁寧に出来そうです。

何より品の良い印象があるし、相手にも聞きやすいように思います。

発音は良いに越したことはないでしょうが、
なまりの強い英語で活躍している人だって、
世界中にゴマンといるのですから、
あなたの英語や私の英語が、
ちょっとばかりなまっているからと言って、
何を恥じることがあるんでしょう?

・・・というくらいの気持ちでOKだと思いませんか(笑)。

スタディサプリENGLISHを私も試してみました

私はこれまで7年間、自腹で様々な教材を試してきました。
そんな私が個人的に初心者の方にもっともオススメなのが「スタディサプリENGLISH」で、その理由は

・これ一つだけでまずはOK!
・ゲーム感覚で楽しく続けやすい
・子供から大人まで対応可能
・費用が安い(月額980円)

ざっと浮かぶだけでも、これだけあります。

私が実際に試してみて感じたこと、感想を以下にまとめていますので、ぜひご覧ください。

私のスタディサプリENGLISH体験記はこちらをどうぞ >>

スタディサプリENGLISH 公式ページはこちらからどうぞ >>



もし今、私が家族や友人から「どうしたら英語が手軽に学べるか?」と聞かれたら、真っ先に勧めたいのが「スタディサプリENGLISH」です。

理由は単純明快!「少ないコストでしっかり楽しく学べるから」。

私自身の経験(高機能でビックリ)をびっしり書いていますので、良かったら読んでみてください。
下のバナーからどうぞ!

私の英会話教材体験記