ホワイトカラー シーズン5 第3話より:

middle ground
中間、中洲、ほどよい所、落としどころ


シーゲルはニールの計画に上手く乗せられ、ピーターの許可を得ると
強盗計画があるという美術館にニールと共に張り込みを開始。

あとは時間が来たら、ニールは館内の身回りを装って美術館に入館し
カーティスが指定した品を盗むだけである。

そんな張り込みの車中で身の上話をするうちに、シーゲルが富豪一族の出身であること、
安全で豊かな人生に退屈を覚え、FBIで働いていることを聞かされる。

犯罪との戦いに明け暮れ、危険と隣り合わせの今の生活が楽しいと
シーゲルは言うのだった。

It was just a lot more exciting when I was the guy doing the stealing.
ただ盗む側の方がワクワクするってだけだよ。(ニール)

Yeah, that’s why I like being your handler, Neal.
だろうな、だから私は君の監督役を引き受けてるのさ、ニール。(シーゲル)

You’re either gonna make my career or you’re gonna ruin it.
君は私に手柄をもたらすか、全てが台無しになるか、2つに一つだ。(シーゲル)

There’s no middle ground with you.
君と居れば中間なんてあり得ない。(シーゲル)


ruin 「破滅、滅亡、崩壊」。

そして middle ground は「中間、中洲、ほどよい所、落としどころ」という意味で
ここでは「ヌルい生活、まあまあの業績」といったニュアンスで使われています。

ニールとならそういう「ほどほど」ではなく、
イライラ、ハラハラが盛りだくさんの退屈しない生活、イチかバチかの毎日が過ごせそうだから、
皆が敬遠する“ニールの監督役”を引き受けたというわけですね。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話