ホワイトカラー シーズン5 第6話より:

take credit
賞賛を得る、自分の手柄とする


このところ偽造パスポートの捜査にあたっているニールとピーター。

近ごろ出回っている物は見分けが困難なほどに精度が高く、
取締りに手を焼いているのだった。

偽造パスポートの売人アイヴァンから入手してきた物を
贋作のプロであるニールが分析するシーンからです。

These were all made by the same person.
全部同じ人物が作ってるな。(ニール)

You’re sure about that?
確かか?(ピーター)

Yeah, the eagle’s eye.
ああ、大した観察眼だ。(ニール)

(中略)

You think Ivan’s the artist?
アイヴァンが作者だと思うか?(ピーター)

No, he says he only sells them, and I believe him.
いや、彼はただ売るだけだと言ってたし、それを信じるよ。(ニール)

Anyone this good would take credit.
こんなに腕が良いならほのめかすはずさ。(ニール)


eagle’s eye 「慧眼の持ち主、観察眼の鋭い人」。

artist 「芸術家、達人、名人」。

そして take credit は「賞賛を得る、自分の手柄とする」ということで
ここでは would take credit 「自分の手柄にしようとするだろう=ほのめかすだろう」
という解釈です。

これはどちらかと言うと、周りの協力も得て成しえた事を、自分の一人の手柄だと言うとか
誰かの功績を横取するとか、強引に自分の手柄にしてしまうといったニュアンスになります。

もしアイヴァンが作者本人なら、
思わずそれを言わずにいられないほど良い出来だ、というわけですね。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話