ホワイトカラー シーズン5 第5話より:

on the mend
回復しつつある、好転しつつある


エリザベスの懸念通り、インフルエンザをこじらせているピーター。

しかし今まで病気で休んだことがないのを誇りにしている彼は
モジーが処方してくれた怪しげな特効薬を手に
ヘロヘロになりながらも出勤してくる。

そんなピーターの様子を見て
部下のジョーンズがたまらず一言、というシーンからです。

Look, Peter, you’re a biohazard.
ピーター頼みますよ、バイオハザードじゃないですか。(ジョーンズ)

I’m on the mend. I swear.
良くなってきてるんだ。本当に。(ピーター)

And after this…
それにこれを飲んだら・・・(ピーター)

What is it?
何ですかそれ?(ジョーンズ)

I don’t know. Mozzie gave it to me.
私も知らん。モジーがくれた薬さ。(ピーター)

It works.
これが効くんだよ。(ピーター)


on the mend は「回復しつつある、好転しつつある」。

mend は「修理、修復」ですから、まだ100%ではないが修復途上にある、
といった感じでしょうか。

それにしてもモジーって人は幅が広いというか、
裏稼業だけで生きていくのはもったいないほど博識で面白いです。

このドラマが企画された段階では、モジーは重要なキャラではなかったものの
撮影を重ねる毎に彼のキャラがチャーミングに立体的に膨らんできて
次第にこの作品に欠かせない登場人物になったそうです。

もし真っ当な方向で生きていたら、かなりの大物になっていたかもしれませんね。

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話