ホワイトカラー シーズン5 第5話より:

on the mend
回復しつつある、好転しつつある


エリザベスの懸念通り、インフルエンザをこじらせているピーター。

しかし今まで病気で休んだことがないのを誇りにしている彼は
モジーが処方してくれた怪しげな特効薬を手に
ヘロヘロになりながらも出勤してくる。

そんなピーターの様子を見て
部下のジョーンズがたまらず一言、というシーンからです。

Look, Peter, you’re a biohazard.
ピーター頼みますよ、バイオハザードじゃないですか。(ジョーンズ)

I’m on the mend. I swear.
良くなってきてるんだ。本当に。(ピーター)

And after this…
それにこれを飲んだら・・・(ピーター)

What is it?
何ですかそれ?(ジョーンズ)

I don’t know. Mozzie gave it to me.
私も知らん。モジーがくれた薬さ。(ピーター)

It works.
これが効くんだよ。(ピーター)


on the mend は「回復しつつある、好転しつつある」。

mend は「修理、修復」ですから、まだ100%ではないが修復途上にある、
といった感じでしょうか。

それにしてもモジーって人は幅が広いというか、
裏稼業だけで生きていくのはもったいないほど博識で面白いです。

このドラマが企画された段階では、モジーは重要なキャラではなかったものの
撮影を重ねる毎に彼のキャラがチャーミングに立体的に膨らんできて
次第にこの作品に欠かせない登場人物になったそうです。

もし真っ当な方向で生きていたら、かなりの大物になっていたかもしれませんね。

EQ英会話DVDブック 無料プレゼントキャンペーン

EQ英会話DVD 無料キャンペーン

本城武則さんの「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか(EQ英会話の書籍とDVDのセット)」が無料プレゼントキャンペーンを実施中です!
現時点でいつまでキャンペーンが続くかは未定ですが、早めのお申し込みがおすすめです。
「EQ英会話DVDブック」私のレビューはこちら >>

「なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか」DVDブックのお申し込み・詳細 >>


ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話