ホワイトカラー シーズン5 第6話より:

get(have) a leg up on~
~に対して優位に立つ


ニールはモジーと協力して、カーティス・ヘイゲンの魔の手から逃れるべく
彼の最終目的と思われる、ある美術品に仕込まれた暗号を探っている。

その暗号をニールたちが彼より先に読み解ければ
先回りして優位に立つことが可能なはずだが、
肝心のそれは博識のモジーをもってしても解けない複雑な暗号なのだった。

I’ve studied every pattern, every symbol.
あらゆるパターンやシンボルを検証したけどさ。(モジー)

I can only conclude that it is of alien origin.
結論としてはエイリアンが起源としか思えない。(モジー)

I think you’re right.
そうだな。(ニール)

Aha! Finally, you’ve come around.
へえ!ついに分かってくれたか。(モジー)

I think you’re right. We need help.
お前の言うとおり。助けが必要だな。(ニール)

(中略)

The only chance we have of getting a leg up on him,
俺たちがヘイゲンに対して優位に立つには、(モジー)

is by deciphering the Codex first.
先にコデックスの暗号を解くしかない。(モジー)


conclude 「結論づける、完結する、推論する」。

come around 「(誰かの考え、主張などを)理解する、それまでの考えを改める」。

ここでは普段からモジーの不思議好き、陰謀説好きをバカにしているニールが
ついにエイリアン説に同調してくれたのかとモジーがぬか喜びするシーンです。

そして get(have) a leg up on~ は「~に対して優位に立つ」という意味で
調べてみると get より have で用いられることが多いイディオムのようです。

ただ現状では彼ら二人にとって、
頭の切れるカーティスを出し抜いて優位に立つのは難しいことで
その意味では get 「(優位な立場を)もぎ取る、奪う」という方が
心情的にピッタリ来る表現なのだろうと思います。

decipher 「解読する、判読する」。


海外ドラマを使った具体的な英会話習得法はこちら >>

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話