ザ・メンタリスト シーズン5 第11話より:

have some nerve
図々しい、あつかましい、いい度胸をしている


これまで複数の事件に関与しながらも、
捕まる事なく私腹を肥やす大富豪・ヴォルカーを今度こそ逮捕するべく
リズボンは法曹界の重鎮が集まる場に出向き、
彼に対する逮捕令状を発付してほしいと必死に訴える。

彼の権力を恐れて、なかなか令状を出さない判事ばかりの中
リズボンはマンチェスター判事に直訴する。

Judge Davis mentioned something about your little visit.
デイビス判事から、君の訪問のことは聞いたよ。(マンチェスター判事)

She said you had some nerve.
彼女に噛みついたそうだね。(マンチェスター判事)

I was upset, I spoke in haste.
焦っていたもので、急ぎすぎました。(リズボン)

No need to apologize to me.
私に謝る必要はない。(マンチェスター判事)

Oh, I don’t want to apologize. Davis was wrong.
もちろん謝りません。デイビス判事が間違っています。(リズボン)

I mean, Volker is a sociopath, and he needs to be taken down.
ヴォルカーは社会の敵です、排除しないと。(リズボン)

If not by me, then by somebody else.
私でなければ誰かが。(リズボン)

Sometimes you are childishly naive, Teresa.
君はまだまだウブだな、テレサ。(マンチェスター判事)


have some nerve は「図々しい、あつかましい、いい度胸をしている」。

nerve は「神経」の他に「度胸、大胆さ、図太さ」といった意味があり
今回は後者の意味で用いられています。

in haste「急いで、あわてて、取り急ぎ」。

sociopath「社会病質者、反社会的な人、社会秩序を乱す人」。

take down「(上から下へ)降ろす、(敵を)倒す・つかまえる」。

childishly「子供のように、子供っぽい」。

naive「世間知らずな、純朴な」。

リズボン役のロビン・タニーは、
いくつになっても可憐さを失わない女優さんだと思います。

彼女の実年齢は知りませんが、こんな人が一生懸命何かを訴えてきたら
大抵の男性はいう事を聞いてくれるんじゃないでしょうか(笑)。

年を重ねたら八千草薫さんみたいな感じになりそうで羨ましいです。


※「ザ・メンタリスト」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話