ザ・メンタリスト シーズン5 第1話より:

have feelings for~
~に特別な感情を抱く、~に好感を持つ


ジェーンはリズボンに、レッドジョンの忠実な下僕・ローレライと
二人きりで話がしたいと頼み込む。

本来ならば捜査員が同席せねばならないのだが
ジェーンはそれでは彼女の心を開くことが出来ないと言う。

そこで仕方なく、二人だけの面談を許可するリズボン。

しかし決して彼女のペースに飲まれないよう
ジェーンに釘を刺すのだった。

Just be careful. Don’t get pulled into her game.
ただ気をつけて。 彼女のゲームに引き込まれては駄目よ。(リズボン)

(中略)

But she’s practically the first person since your wife that you’ve, you know…
彼女はあなたの奥さんが亡くなってから、その、初めての人でしょう・・・(リズボン)

It wouldn’t be surprising if you had feelings for her.
だからもし情が移ったとしても不思議じゃない。(リズボン)

She’s a stepping stone to Red John.
彼女はレッドジョンに通じる踏み台だ。(ジェーン)

I knew that from the beginning.
最初からそのつもりで接してる。(リズボン)

I don’t have any feelings for her.
何の感情も持ってないよ。(リズボン)


practically「実質的に、実際には」。

そして have feelings for~ は「~に特別な感情を抱く、~に好感を持つ」、
要は「(その人が)多分好き、とても気になる」という事で
ここではジェーンがローレライという捜査対象に特別な感情を抱いたのでは・・・
とリズボンは心配しています。

stepping stone「踏み台、前段階」

ジェーンは踏み台、と言い切っていますが、本当のところはどうなのか?

リズボンの女のカンの方が当たっているかもしれません。

刑事と捜査対象者という例は知りませんが、離婚訴訟を引き受けていた弁護士と、
依頼人の女性が再婚した例はリアルで知っています。

何だかドラマみたいな話ですが、たまには本当に起こる事みたいです。


※「ザ・メンタリスト」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>


無料で学ぼう!「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」

プロジェクト2020キャンペーン

ここ数年、何回か無料キャンペーンの紹介を続けています。 今回はインド人のサチン・チョードリーさんによる「全日本人英語しゃべれる化 プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」無料レッスンキャンペーンです。

プロジェクト2020キャンペーン


中学までの英語の知識の実践会話への活かし方「なるほどこうすれば通じる英語になるのか!」が具体的に分かる内容になっています。

・非ネイティブのための、効率的な英語メソッド
その一つがこの動画で学べる「グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)」です。

・英語学習だけでは話せるようにならない!
長年の学校教育により植え付けられた英語コンプレックス、外国人と接すると緊張してしまう人 、メンタルトレーニングも並行して行いましょう。

・手抜き英語でも通じる
英語を話すうえでは、知っていることは最低限でも構いません。この点で、多くの人が回り道をしています。

これら充実した内容のレッスン動画を、ただいま無料公開中です。
いつ終了するかは未定ですが、興味を持った方は早めの視聴がおすすめです。

無料で学ぼう!「今すぐ話せるグロービッシュ講座」>>

私の「プロジェクト2020 ~ 今すぐ話せるグロービッシュ講座」レビューはこちら >>



ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話