ママと恋に落ちるまで シーズン7 第12話より:

go/move into overdrive
猛烈に働き出す、過度に働く


ロビンはめったに遅れない生理が遅れていたため
婦人科で診察を受ける。

その結果、妊娠はしていなかったものの
自分はほぼ子供を望めない体であることが判明。

元々子供好きではなかったが、いざ産めないと知ると
様々な感情が湧いてきて、これをもし話した場合の仲間たちの反応を想像してしまう。

Robin, we ran some tests last week.
ロビン、あなたのテストをしてみたの。(医師)

This is going to be difficult to hear.
つらい知らせなんだけど・・・(医師)

And then the doctor said a bunch of medical stuff that…
先生は色々と難しい言葉を並べ立てたけど・・・(ロビンの独白)

well, the gist of it was this.
つまり要点はこれ。(ロビンの独白)

I can’t have a baby.
私は子供を産めない。(ロビンの独白)

(中略)

Ted would go into overdrive trying to make me feel better.
テッドは私を励まそうと奮闘するだろう。(ロビンの独白)

You need comfort food.
食べたら元気が出る。(テッド)

Fried chicken, mac and cheese, mashed potatoes.
チキンにマカロニチーズにポテト。(テッド)

Open your present, I’ll work on these shoulders.
プレゼントも開けてよ、肩をもんであげよう。(テッド)

(中略)

Lily would just implode.
リリーはきっと泣き崩れる。(リリー)

And I’d wind up comforting her.
で、私が慰めるハメに。(リリー)


bunch of「一連の、たくさんの」。

the doctor said a bunch of medical stuff(医師はたくさんの医療用語を言った)
=「難しい言葉を並べ立てた」。

gist of~「~の要点、~の骨子」。

そして go/move into overdrive は「猛烈に働き出す、過度に働く」。

overdrive「加熱状態、過度の活動状態」に go/move into「移行する」、
通常の状態よりギアをあげフル活動状態に入る =「猛烈に働き出す、過度に働く」。

Ted would go into overdrive trying to make me feel better
(テッドは私の気分を良くするために猛烈に働き出すだろう)
=「私を励まそうと奮闘するだろう」。

comfort food「心がやすらぐ料理、元気になる料理」。

お母さんが子供の頃に作ってくれたような、馴染みのある料理
食べるとホッとするような料理が comfort food だと思います。

彼らの comfort food は
Fried chicken, mac and cheese, mashed potatoes
(フライドチキン、マカロニチーズ、マッシュポテト)みたいですね。

テッドは料理が得意なので、ロビンのために comfort food を作って
彼女を励ます様子が出て来ます。

implode「内側で破裂・崩壊する」。

Lily would just implode(リリーは内側から崩壊するだろう)
=「泣き崩れるだろう」。

ニュアンスとしては自壊する、内側で感情が破裂する、結果泣き崩れる、
そういう感じでしょうか。

wind up~「結局~で終わるはめになる、(ねじ、ぜんまいを)巻き上げる」

comforting「慰める」。

ロビンはいつも悩みや問題を自分で抱えて解決するタイプなので
今回もそうなるのかな・・・バーニーになら打ち明けられるかもしれませんね。


※「ママと恋に落ちるまで」は Amazonプライムで視聴出来ます。


怪物的サービス、Amazonプライムをフル活用した英会話学習法 >>

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話