ザ・メンタリスト シーズン1 第2話より:

make one’s move
行動を起こす、(異性に)誘いをかける


ぶどう畑の中で若い女性・メラニーの遺体が発見され、
現場に向かうリズボンとジェーン。

隣接するワイナリーのレストランで働いていたメラニーは
同僚男性からモーションをかけられていたことが分かり
その男性・ランドールを呼び出して、事情を聞くというシーンからです。

You wanted to speak to her, then what happened?
彼女に話しかけたかった、それでどうした?(チョウ)

I was like “Hey, Melanie, what’s up?” and we talked.
僕は「メラニー、調子はどう?」って感じで話をした。(ランドール)

She didn’t leave, she was smiling and laughing, so I figured I was doing pretty good.
彼女は帰らなかったし笑顔だったから、脈があるんじゃないかと。(ランドール)

So I made my move and… she wasn’t so into it, which was cool.
だから誘ってみたけど・・・彼女は乗り気じゃなかった、別にいいんだ。(ランドール)


make one’s move は「行動を起こす、(異性に)誘いをかける」ということで
ここでは前後の話の流れから後者の意味「女性(メラニー)に誘いをかけた」と解釈出来ます。

cool は「カッコいい、良い」といった意味があり
which was cool は「それでも別に構わない」といった解釈になります。

今回のようなデートの誘いだけでなく、遊びや飲みに誘って断られたときなどに
「断られたけど別にいいんだ、気にしない」といった感じでよく使われると思います。

このシーンに出ているチョウはアジア系アメリカ人の刑事で
リズボンのチーム内でもクールなキャラとして目立っています。

ガッチガチに鍛えた肉体と無表情さが印象的で、元不良という過去も頷ける静かな迫力があり
個人的にこのドラマ内でのお気に入りキャラです。

ゆるく学ぼう!海外ドラマで英会話